絶対満腹保証!勇気を出して店に入ってみよう(笑)@ラズィーズキッチン(摂津市一津屋)

とある日曜日に池田方面から中央環状道を車でひた走り大阪市鶴見区にあるファクトリーアウトレット、はなぽーとブロッサムに行く途中、ランチのため何か南アジア系の店が無いかと調べたところ当店「ラズイーズキッチン」を発見したので、とりあえず訪問してみることにした。店は摂津市一津屋の大阪府道16号大阪高槻線沿いに立地し、狭いながらも店横に駐車場8台程度を供える所謂ロードサイド店である。なお最寄りの鉄道駅は大阪モノレール摂津南駅となる。

中央環状道から府道16号大阪高槻線に入ると、周辺はいわゆる町工場や中小製造工場などが集積するエリアとなっており、こんあところに本当にインド料理店があるのかと思って西に走っていると左手にインド国旗を発見。意外にも駐車場はほぼ満車であったが、止めにくい場所が2台程度空いていたため何とか駐車することができた。

DSC_8179.jpg

DSC_8182.jpg


店に入る前に店舗外観を見て見ると、店名が入ったテントや店前に張り出してあるメニューの張り紙(笑)等かなり薄汚れており、煉瓦壁の外観ははるか「昭和の喫茶店」的な様相を醸し出していた。思い切って(笑)店に入ってみると正に昭和の喫茶店であった。

DSC_8166.jpg

周辺地域の状況から平日はある程度周辺事業所等のランチ需要があり、来客数はある程度あると思っていたが、日曜日の昼間、午後2時近くになっていたものの店内は近隣主婦グループや家族連れ、男性一人客などでほぼ7割の入り。しかしその後、続々とお客さんが入って来て満席になるという予想外の繁盛ぶりであった。

DSC_8145_2017022801433326b.jpg

DSC_8146.jpg

なんとか同行者と4人掛けテーブルに座らせてもらい、メニューを拝見すると、ランチセットはよくあるカレー&ナーンに焼物とドリンクというベタなもので焼物付780円から。一般的日本人に人気のチーズナンのセットも然りラインナップしていた。しかしよく見てみると選べるカレーはチキンカレー、チキンマサラ、ほうれん草&ポーク、野菜マクニ(原文のまま。たぶんベジタブルマッカニーのことだろう)と、インネパチェーン店とは一味違うラインナップで、さらに焼き物に自信あり的な文言も書いてあった。

さらに驚いたのはランチのセットメニューを選択するとナン食べ放題(これは比較的普通)の他、バイキング形式でサラダ(キャベツ千切りの他、レタス、ワカメ、大根、コーンなど)、プラオライス、キャベツのサブジ、チキンチリ、パパド、白ごはん等がとり放題食べ放題という太っ腹!

DSC_8147.jpg


また+150円でチーズナンなど12種類の「変わりナン」(ガーリックナンとかオニオンナン、ほうれん草ナンなどは驚かないが、デザート的なナンも豊富にラインナップしている!)が食べ放題になるという異常さ。+150円で利用できるソフトドリンクバーも設置されていた。さらに平日ランチタイムはサラダバー?付でなんと680円のセットから用意されているようであった。

同行者とカレー1種(チキンマサラ)にナン、タンドリーチキンのBランチ880円とカレー2種類(ほうれんそう&ポークと野菜マクニ)にナン、焼物2種のCランチをぞれぞれカレー辛口でオーダー。料理が席に運ばれてくるまでに上記のサラダバー(笑)等をカウンター前?まで取りに行ったが、食器が平皿の他にどんぶり(笑)も用意されて大盛り上等な雰囲気であったので、皿に山盛りにしてスタンバイした。

DSC_8151_2017022801533461a.jpg

供された料理は予想以上に「ちゃんと作っている」インド料理で、カレーはインネパチェーン店のようなドロっとした変に甘いものでは無かった。

DSC_8163.jpg

チキンマサラはゆで玉子が入っているのかと思っていたが、何故かピーマン?であったものの味はそこそこ良かった。たぶん野菜マクニのグレービーと同じ。

DSC_8155.jpg


Cランチのほうれん草カレーは、これまた草感のあるもので、ランチで供されるほうれん草カレーとしては風味など非常に良かった。ナーンはどちらかというとクリスピータイプ。これも必要以上に甘くなく良い感じ。特に良かったのは焼物で、炭火タンドール調理特有の香ばしい香りとジューシーさを失わない焼き加減がとても良かった。総じて確りした調理技術を持ったコックがちゃんと作っているという印象であった。サラダ類もドレッシングが数種類用意されていたり、チャートマサラ!も用意されていることにも驚いた。

DSC_8165.jpg

食後にチャイ。

DSC_8170.jpg


ディナータイムもアラカルトのカレーにナン、サラダバー付で1,000円程度から用意されているという価格破壊ぶり。訪問したランチタイムは、ほとんどのお客さんが780円のセットをオーダー(たぶん平日は680円のセットのオーダーが多いと思う)して、ひたすら満腹になるまで食べ続けるというスタイルの方が多かったように思うが、休日でこんな状態なので、周辺工場群等が稼働している平日のランチタイムはさらに混雑しているような雰囲気であった。店に入るまではどんな地雷店かと戦々恐々であったが、店の外観からは想像もできないくらいの良い店という印象。味の好みは人それぞれなので、インネパチェーン店のようなインドでもネパールでも無いカレー(笑)が好きな人には少々本場っぽすぎるかもしれないが、とにかく満腹保証間違いなしのお店である。

DSC_8181.jpg

インド料理ラズイーズキッチン



関連ランキング:インド料理 | 南摂津駅


店舗改装後初訪問@クスム本場家庭料理(神戸市中央区山本通)

本格的?なインドの家庭料理がいただける、神戸のクスムを改装後初訪問。旧店舗が火災により閉店し現在地に移転して2階の一室において食材販売とレストランの営業を行っていた。

この度、2階の店舗はレストラン営業だけとなり、食材販売は地階の一室に移転した。

店に入ってみると、以前の怪しい雰囲気を知っている人にとっては考えられない普通のレストランのような店内となっていた。

店内には予想通り?某ウルトラ巨匠がおられたので挨拶させていただき席についた。

DSC_7767.jpg

食事はいつもの通り、自動的に運ばれてくる。

まずサモサ。

DSC_7773.jpg

DSC_7777.jpg

カレー、ダール、チャパティを何回かおかわり。

〆にチャイ。

DSC_7785_201702050951511eb.jpg

食後に地階の食材店も覗いてみた。以前よりも商品が整理されていて選びやすくなっていた。

DSC_7790.jpg

DSC_7764.jpg

食事はいつものとおり満足できるものであったけれど、プリンス氏の「インド駄洒落」を聞けなかったことが心残りであった(笑)

クスム本場家庭料理



関連ランキング:インド料理 | 三宮駅(神戸市営)三ノ宮駅(JR)神戸三宮駅(阪急)


年末恒例!京都徘徊3連発②@ナヤ・インディアヌール(京都市北区)

年末恒例の京都徘徊。2016年末は3連発。

次に地下鉄北大路駅から少し南に下ったところにあるナヤ・インディアヌールへ。京都には個性的な飲食店は沢山あるけれど、インド料理というジャンルにおいて、タンドールを設置していない当店ほど個性的な店は無いと思う。

ディナータイムはインド料理とは思えないような斬新なメニューの数々が楽しめるが、ランチタイムは絶品パロタがいただけるランチセットがおススメである。

まずスープ。

DSC_7593.jpg

そしてメインのプレート。

DSC_7596.jpg

サクサクなパロタが美味しい。

忘れた頃にまた食べたくなるのだろうな・・

DSC_7591.jpg

ナヤ インディア ヌール



関連ランキング:インド料理 | 鞍馬口駅北大路駅


年末恒例!京都徘徊3連発@ムガール(京都市中央区木屋町)

年末恒例の京都徘徊。2016年末は3連発。

まず木屋町のムガール。

DSC_7502_201701262237458d9.jpg

今回はカレー3種類のセット。マトンマサラ、チキンマサラ、そして日替わり限定№6(チェ・ナンバル)のほうれん草とジャガイモのサブジ。こういうインド料理としてはポピュラーであるけれど、他店ではあまり登場しない料理がランチで登場するなど格の違いを感じる。ちなみに中央のスープはトマトラッサム。

DSC_7504.jpg

食後はアラカルトクラスのチャイでマッタリ。

DSC_7510.jpg

DSC_7516.jpg

ムガール



関連ランキング:インド料理 | 京都市役所前駅三条駅三条京阪駅





雰囲気の良いお店でミールスランチ@アシルワード(石川県金沢市香林坊)

今回の金沢旅行においては、当初は南アジア系料理店には行かない予定であったが、直前になって予定変更、香林坊のインド・ネパール料理店アシルワードをランチ訪問した。

DSC_7230_20170110224932057.jpg

店は香林坊のオシャレな飲食店等が集積しているエリアにあった。店内も非常にセンスの良さが際立っていた。

DSC_7240_20170110225017ef0.jpg

本当はダルバートをいただきたかったけれど、現在は季節限定でトゥクパ(汁そば)を供しておりダルバートはやってないとのことであったので、ミールスをいただくことにした。

DSC_7242.jpg

DSC_7237.jpg

当店は南インド出身のシェフがおられるらしく、南インド料理もレギュラーメニューをして供しているとのことだ。

DSC_7246.jpg

サンバル、ラッサム(大量のブラックペッパー!)、かぼちゃのクートゥ、キャベツのポリヤル、ダヒ、トマト系チャトニー、小松菜のカチョリ、ライスの他、北インド系セット共通のバターチキンと里芋のカレーも(メニュー写真によると日替わりカレーは通常は1品なので、サービスしていただいたようだ)。

DSC_7254_20170110224933845.jpg

DSC_7253.jpg

カレーが一部北インド系セットと共通であったり、ドリンク別で税込1,590円と少し高めの価格設定であるが、当地でミールスがいただけるという希少性を考慮すると致し方ないのかもしれない。

なお接客を含めて店の雰囲気は非常に良い感じであった。

DSC_7233_201701102250088ec.jpg

DSC_7256.jpg

アシルワード



関連ランキング:ネパール料理 | 野町駅北鉄金沢駅金沢駅






プロフィール

みつお★

Author:みつお★
自転車(主にロードバイク、時々折りたたみ)のこととエスニック料理(主にインド、パキスタン、ネパール)食べ歩きの記録です。勤務地が兵庫県西宮市なので、平日は西宮界隈、休日は大阪、神戸方面が多いです。時々関東方面もあり。

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
NCC (7)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
訪問者数