再度コロンボセット(チキン)@コロンボ(大阪市北区梅田)

大阪駅前第2ビルのスリランカ料理店コロンボをディナータイムに再訪。

再度コロンボセットをいただいたが、今回はチキンカレーで。

DSC_8190.jpg

辛さもちょうど良い感じ。

食後にキリテー(チャイでは無いから)。

DSC_8196.jpg

この日は大人数での宴会が入っていたりして結構賑わっていた。スリランカ料理店へリニューアルが当地域のお客さんに認識されてきたようだ。

DSC_8195.jpg

コロンボ



関連ランキング:スリランカ料理 | 北新地駅西梅田駅東梅田駅





セイロンプレート@ラサハラ(大阪市淀川区東三国)

スリランカ続きで、久々に東三国のラサハラへ。

DSC_7892_201702082328016d8.jpg

セイロンプレートをポークで。

DSC_7886.jpg

大ぶりに切ったたっぷりのポークカリーなど、かなり食べ応えがあった。

あといつもの店長の「軽妙なトーク」も楽しませていただいた(笑)。

スリランカ料理 ラサハラ



関連ランキング:スリランカ料理 | 東三国駅東淀川駅新大阪駅


大阪スリランカ料理界のレジェンド復活!サラリーマンの聖地(笑)大阪駅前第2ビルにスリランカ料理店オープン@コロンボ(大阪市北区梅田)

安い飲み屋や各種レストランなど飲食店が豊富にあるサラリーマンの聖地、第1~4まである大阪駅前ビルの第2ビルにあったインド料理店「ヒマラヤ」が突然にスリランカ料理を供することになったという情報を得たので、夜に訪問してみた。当店のコックは誰なのか?どの店から引き抜かれたのか?興味津々であったが、ある噂によると、2016年末に閉店した福島区ワーサナのシェフ、ラッキーさんがメインシェフであるという情報も得ていたので、その確認の意味もあった。

DSC_7832.jpg

DSC_7834.jpg

店内に入ると以前のヒマラヤと同様であったが、微妙にスリランカっぽくなっていた。厨房奥にはラッキーさんの姿も確認。

DSC_7850.jpg

メニューは地域柄もあって、以前のようなナーン&カレーのセットもあったが、噂通り豊富なスリランカ料理がラインナップされていた。

DSC_7837_20170205102422344.jpg

初訪問ということもあり、ワンプレートのコロンボセットをマトンカレーでオーダーした。ワーサナ時代は、いわゆる大阪スタイルのライス&カリーを積極的に一押ししていなかったので、ラッキーさん的に何かこだわりがあったのかもしれないが、今回はランチタイムも含めて一押しメニューのようであった。他にグリークサラダも。

まずグリークサラダ。

DSC_7847.jpg

白いダイス状のものはフェタチーズかと思ったら豆腐だった(笑)

そしてコロンボセット。

DSC_7851.jpg

必要以上に味が濃く無く油っぽく無いのでとても食べ易かった。マトンカレーも非常に美味であった。

そしてラッキーさんといえばワーサナ時代も看板料理であった「ゴダンバ・ロティ」。

DSC_7863.jpg

モチモチサクサクの食感は健在。これは必食。

そして食後のキリテーは、なんとラッキーさん自ら客席に来てエアブレンドのパフォーマンス。

DSC_7871.jpg

クリーミーで美味しかった

DSC_7874_201702051024233cb.jpg

ラッキーさんは大阪花博で来日以来、今は無きコートロッジ他勤務後、いくつものスリランカ料理店を経て今に至っているが、今ほどスリランカ料理が有名になる前から関西のスリランカ料理界においてはレジェンド的なシェフであった。店が閉店してもまたすぐにどこかで復活されるので、今回もすぐどこかに店を出すと思っていたが、今回はちょっと意外だった。

まずはラッキーさん復活おめでとうと言いたいです。

コロンボ



関連ランキング:スリランカ料理 | 北新地駅西梅田駅東梅田駅



開業1周年おめでとう!シャンティランカ(宝塚市平井)

スリランカ料理店シャンティランカを予約の上で訪問。昨年1月初旬に意外にも阪急宝塚線山本駅近くに新規オープンしてすぐに訪問して以来、ちょうど1年たったことになる。

充実した内容のCセットをポークで。さらにライスは特別にスリランカ赤米にしていただいた。

DSC_7736.jpg

そして食後はお正月&開業1周年記念として、特別にスリランカスイーツの盛り合わせ(2人前)。

DSC_7749.jpg

持ち帰り用の入れ物も用意されていて、ちょっと感動。

DSC_7756.jpg

DSC_7754.jpg

シャンティーランカ



関連ランキング:スリランカ料理 | 山本駅




マニアな(笑)お客さんだけでなく、しっかり地元にも定着して地域の人気店になっているところが素晴らしい。

DSC_7760_20170202231343a90.jpg


金沢でもランプライス&バナナリーフランチ@SRi LaNKa KiTCHEN (石川県金沢市柿木畠)

金沢旅行2日目、もう南アジア系店は行かないでおこうと思っていたが、金沢21世紀美術館訪問後のランチとして、金沢市役所近くの地元では人気の飲食店街らしい柿木畠商店街にあるスリランカキッチンに行ってしまった。当店は市内野町のスリランカ料理店スパイスボックスの2号店らしい。

DSC_7355.jpg

DSC_7352.jpg

メニュー表を見てみると、なぜかインド料理っぽいナーンやタンドリーチキンもあったりして、特にランチタイムは南インドスープカレー&ナーン(゚д゚)!のセットが一押しみたいであったが、大阪っぽいバナナリーフに載せられたライス&カリーやランプライス、ドーセのランチセットもラインナップされていた。

DSC_7338.jpg

DSC_7336_20170115112841dc3.jpg

DSC_7335.jpg

DSC_7337_20170115113707a61.jpg

同行者と相談してバナナリーフランチとランプライスをオーダー。

DSC_7343.jpg

大阪の同業店と比較すると、量少な目で料理の種類も1種類程度少ない印象であった。カレーはククルマスマールワにしたところ、どういうトゥナパハを使用しているのか分からないが、焙煎感があまりない赤っぽいもので、普段見慣れたダークカラーなものではなかった。この内容なら価格的にはやはりちょっと割高感があった。

DSC_7348.jpg

ランプライスがラインアップされていることが驚き(週末限定?)であったが、蒸し感のあるまずまずのものが供された。

近隣にインネパ店などインド料理店が無いため、そのような店が供するようなメニューも用意しているのは致し方ないとして、スリランカ料理店としてのアイデンティティを前面に出してやっていこうとしているなら、スリランカ料理の定番セットになてしまったライス&カリー価格をコスト高なバナナリーフを使用しないで1,000円程度にして普及を図るべきではないだろうか?

ともあれ金沢でもこのようなスリランカ料理店があることは驚きであった。

DSC_7350.jpg

DSC_7354.jpg


SRi LaNKa KiTCHEN



関連ランキング:スリランカ料理 | 野町駅








プロフィール

みつお★

Author:みつお★
自転車(主にロードバイク、時々折りたたみ)のこととエスニック料理(主にインド、パキスタン、ネパール)食べ歩きの記録です。勤務地が兵庫県西宮市なので、平日は西宮界隈、休日は大阪、神戸方面が多いです。時々関東方面もあり。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
NCC (7)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
訪問者数