春節祭@大阪中華学校(大阪市浪速区敷津東)

2月中旬、大国町の大阪中華学校(中華民国・台湾系)にて、今年も春節祭のイベントが開催された。

毎年行こうと思っていながら予定が合わず、なかなかイベントに参加することができなかったが、今年はなんとか参加することができた。

DSC_2907_201806102012383c5.jpg

DSC_2890.jpg

DSC_2906.jpg

11時頃現地に到着すると、すでに校内は満員状態。

DSC_2898_2018061020123729c.jpg

とりあえず客家炒めとか魯肉飯とか色々購入。

DSC_2866.jpg

さらにいろいろ、牛肉麺とか。

DSC_2893.jpg

DSC_2884.jpg

鶏肉飯

DSC_2896.jpg

〆に551の坦々麺

DSC_2903.jpg

道教の子供の神様である三太子(サンタイツ―)も登場。

DSC_2881_201806102018057c2.jpg

抽選会がある12時過ぎまで会場にいたけれど、お昼過ぎにはかなり売り切れのお店があったようなので、来年はもう少し早目に行こうと思った。

DSC_2908.jpg




黄燜鶏米飯@楊銘宇(大阪市中央区)

最近、中国で大増殖中らしい黄燜鶏米飯(ウォーマンチーミーファン?)の大チェーン店、楊銘宇の日本支店(FCか?)が何故か大阪中央区にオープンしたという情報を得たので、早速ランチタイムに訪問してみた。

黄燜鶏米飯とは山東省ルーツの鶏肉料理で、楊銘宇は山東省から北京や上海へ進出して2013年頃からブームに火が付いて店舗をさらに拡大、中国全土に店舗網を広げて全国制覇を果たしたのだそうだ。なお現在はチベットやアメリカにも支店があるらしい。

大阪の店舗は中央区の某南インドカレー店が入居するビルの地下にあった。なお日本橋にも店舗があるそうだが、情報が全く無いので詳細は分からない。

DSC_2802_20180529221059e78.jpg

店にはいるとお客さんは皆無で、店のスタッフは中国人男性2名体制(留学生?)だった。

DSC_2788_201805292210515bf.jpg

DSC_2789_2018052922105550f.jpg

CN_2018_0214_1337_14.jpg


なお店のメニューはこれ1種類で、辛さを選択することができるが無難に中辛でお願いした。

DSC_2790_20180529221055354.jpg

DSC_2797.jpg

ネット上の情報(ほとんど中国語)に従い、ご飯を土鍋に投入して混ぜて食べたが、鶏肉に濃い味がついているので、辛味も含めてご飯と混ぜてちょうど良い食べ易さとなった。


DSC_2800.jpg

たぶん日本に本格進出する前にパイロット店的に出店したのだと思うけれど、ネット等でほとんど店の情報をひろうことができないし、料理自体もほとんどの日本人は知らない訳で、最低限のプレスリリースとかマスコミ活用による宣伝とか必要なのではないかと感じた。

料理自体は美味しいし、たぶん日本人にも受け入れられる料理だと思うので、時間はかかると思うけれど、出店場所を間違わなければある程度日本国内でも広まって行くのではないかと思った。

チャイナエアライン機内食@年末年始は台湾で⑰

帰国便のチャイナエアライン機内食はこんな感じ。

DSC_2411.jpg

まあ普通なポークジンジャーでした。

台電勵進酸菜白肉鍋@年末年始は台湾で⑯

1月1日。

今回の台湾最後の夕食は、古亭駅近くの知る人ぞ知る取材お断りの老舗、台電勵進餐廰で中国東北地方の酸菜白肉鍋を。

もともと台湾電力の社員食堂だったが、あまりにも美味しいので一般開放されたという食べ放題鍋店(400元/1名)である。

DSCN1070.jpg

常に満席との情報があったので、一時間ほど前に現地に着くと、なんとポールポジションだった。

工場のようであるが、奥に入っていくと店舗が現れる。

DSC_2353.jpg

DSC_2354 (1)

DSC_2351_201804281625326a7.jpg

DSC_2356 (1)

受付?のおじさん(ipadを駆使して受付。レジもipadのAirレジを使用していた!)に食べたい肉の種類を伝えて暫く待っていると店内に案内される。

DSC_2359 (1)

テーブルでは既に鍋が煮たっており、後はセルフで酸菜、肉など投入(食べ放題!)してひたすら食べるのみ。

DSC_2372 (1)


DSC_2367.jpg

DSC_2366 (1)

肉、野菜、酸菜などはセルフにて自由に追加できる。タレもセルフで調合。

DSC_2369 (1)


DSC_2374.jpg

DSC_2377 (1)

中国東北地方の酸っぱい白菜の漬物(酸菜)を一緒にに煮込むが、煮込むと酸っぱさが抑えられ、さっぱりした味となるので食が進む。

DSC_2373 (1)


DSC_2384 (1)

DSC_2387_2018042816280609e.jpg

正に人生最高の鍋体験だった(;゜∀゜)

DSC_2386 (1)


台電勵進餐廰

台北市大安區和平東路一段75巷


晉江茶堂@年末年始は台湾で⑮

1/1、月1回予約無しで見学できる台湾総統府の参観開放日であったため、じっくり見学。早朝からイベントが開催されていた(テレビ中継もやっていた)。

DSCN0979.jpg

その後、ランチはMRT古亭駅近くの台湾客家料理店、晋江茶堂へ。

見た目はかなり古い店舗に見えるが、それもそのはず、日本統治時代の日本家屋をそのまま使っているそうだ。

DSCN1063.jpg

客家人は台湾の総人口の約3割を占めており客家料理は中国八大料理系統の中では広東料理系に入るとのこと。

日本語メニューもあり。

DSCN1032.jpg


DSCN1033.jpg

2人用600元のセットを代表的な客家料理である客家小炒(戻したスルメ、干し豆腐、ネギ、唐辛子などの炒め物)、梅干扣肉(梅菜という梅の味がする客家独特の酸っぱい高菜で煮た豚の角煮)の2品と後はお任せで。

DSCN1057.jpg

全体的に濃い味で塩味も強くご飯が進む。

DSCN1046.jpg

DSCN1056.jpg

デザートは仙草ゼリー。

DSCN1060.jpg

最後に事前にネット上で入手しておいた無料クーポンを使用して擂茶(レイチャー)というゴマ&きな粉風味な客家独特のお茶をいただいた。

DSCN1062.jpg


晉江茶堂

台北市台北市中正區晉江街1號
プロフィール

みつお★

Author:みつお★
自転車(主にロードバイク、時々折りたたみ)のこととエスニック料理(主にインド、パキスタン、ネパール)食べ歩きの記録です。勤務地が兵庫県西宮市なので、平日は西宮界隈、休日は大阪、神戸方面が多いです。時々関東方面もあり。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
NCC (7)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
訪問者数