しっかり調理されたコフタカレー@アンチャル(大阪市北区本庄東)

大阪市北区、城北公園通り沿いのスーパー・ライフ本庄店となりに最近オープンしたらしいインド料理店アンチャルを訪問。

DSC_9571.jpg

店外観は昨今、特にインネパ店で流行りの派手なエクステリアではなく、地味で控えめ(特に看板が地味(笑))。

DSC_9564.jpg

何かの飲食店居抜きのようであるが、店内は一応インドっぽい飾りつけ等されていた。なお一部はインドの食堂のような微妙なピンクっぽい塗装が施されており好印象。

ランチタイムはよくあるタイプのラインナップである。

DSC_9563_20170526023306552.jpg

たぶんタールにて供される900円のウッタラーカンド(インド北部の州名・ネパールに隣接している)ランチが一番お得なような気がしたが、日替わりの「ミンチコプタ」(コフタ=肉団子)が気になったのでインドカレーランチを日替わり辛口でオーダーした。カレーランチはレギュラーのチキン、野菜、キーマは700円であるが、日替わりカレーだと800円と100円高く、たぶんレギュラーのカレーと比較して品質の高いものが供されると解釈した次第。

DSC_9566_201705260233024d8.jpg

カレー、ナーン、サラダの他、関西インド系(ネパールでは無い)店等で供されることが多い人参のアチャールも小ココットで供された。

DSC_9568.jpg

カレーは予想通り、しっかり炒めた玉ねぎの甘さが良く出たグレービーのキーマカレーに手作りっぽいチキンコフタが入った、少し凝った感じのものであった。ナーンも甘すぎず程よくフワモチで良い状態のもの。

またアチャールも漬かり過ぎておらずシャープな辛さで美味しい。

DSC_9569.jpg

食後のチャイは作り置きで量少な目だったけれど、まずまず。

DSC_9570.jpg

店外観が地味で実直なイメージを感じたので、もしかしたら料理も真面目なある程度品質の高いものが供されるかもしれないと期待して店に入ったが、実際に食事をしてみて、まずまず予想通りであったという印象。最近のネパール系チェーン店が供するマッタリした何か良く分からない、インドでもネパールでもないカレーではなく、しっかりとインドカレーであった。悲しいかな、こういうお店は最近少ないのだけれど・・

またホール担当の日本人女性の接客が丁寧で、非常に良い印象であったことも付け加えたい。

意外とといっては失礼だけれど、なかなかクオリティの高い良い店であると思う。

インディアン レストラン アンチャル



関連ランキング:インド料理 | 天神橋筋六丁目駅中崎町駅中津駅(大阪市営)







カドカさんの心を込めたおもてなし。ダルバート&デザートセット@ネパールのごちそうズーズーダウ(池田市室町)

大阪府池田市、阪急池田駅近く(インスタントラーメン記念館からも近い)にあるネパール料理店ズーズーダウを初訪問。

DSC_9535.jpg


当地にはもともと超どデカナーンで有名なインド・ネパール料理店カトマンドゥがあり、結構流行っていたらしい。諸事情あってカトマンドゥ閉店後、当店はその跡地に約2年前にオープンしたが、当店は現在一般的となっているインド・ネパール料理店の「中品質・中~低価格」というセグメントではなく、店の雰囲気を含めて高品質・高~中価格(実際は高価格という程ではないのだけれど)という、ネパール系としては今までに無かったタイプのお店である。

店に入ると店主のカドカさん登場。カドカさんとは初対面なのだけれど、実は共通の友人を通じて以前から(店を始める前から)フェイスブックフレンドとなっていたのであった。お互いなんか照れる(笑)


休日のランチメニューは意外と少なく3種類。

DSC_9483.jpg

平日は1,000円のセットもあるようだが、ランチメニューについて阪神間のカジュアルな同業店が軒並み690円~800円がボトムレンジなのと比較すると、ちょっとアッパークラスなお店という印象。

DSC_9495_20170523224159024.jpg

今回は以前より懸案であったダルバートをオーダーした。当店オープン時より当店のダルバートのことは気になっていたのだけれど、価格がケーキなどデザート盛り合わせ、ドリンク付きで1,800円であり、自分的にはデザートは要らないし、デザート無しで1,400円位ならオープン直後に訪問したと思うけれど、ずっとデザートのことがわだかまりとなって訪問できないでいたのであった。


DSC_9496_201705232242034e6.jpg

料理ができるまでは、店主カドカさんによる店名の由来(ズーズーダウ=カドカさん出身地の有名な特産品であるヨーグルトの名前)、店内装のこだわった部分の説明、ネパールのあれこれについてのプレゼンテーション(もともとネパールで観光ガイドをしておられたらしく、さすがプレゼンは上手である)があり、待ち時間も楽しかった。


DSC_9499.jpg

DSC_9498.jpg


そうこうしているうちに料理が運ばれてきた。

DSC_9502.jpg

今回はゴールデンウイークスペシャルとして、マスコタルカリは皮付き山羊肉。特別にアチャールも2種類つけていただいた。米は日本米。濃厚なダールやタルカリのリッチさなど、全体的に高品質で高級なダルバートという印象であった。なおひよこ豆から作られているという珍しいパパドが添えられている。

そしてずっと心のわだかまりとなっていた(笑)デザートプレート登場。

DSC_9516_2017052322425438e.jpg

ホテルのティーサロンで供されるようなプレートなのだけれど、実はカドカさんは現在も現役のパティシエとして某ホテルに勤めているらしいので、カドカさん的には得意のデザートプレートを是非食べていただきたいということなのであろう。デザートのクオリティを考えるとそれも納得。

DSC_9524.jpg


食後、これまたサービスで出していただいたスナック「チャトパテ」を摘みながら、店名の由来となっているヨーグルト「ズーズーダウ」製造計画?の話やあれこれ話は弾み、楽しい時間を過ごすことができた。

DSC_9529.jpg


今回初めて訪問してみて、フランス料理店のような店内(実は凝ったこだわりの造作なのだけれど、これは実際に訪問して確かめてほしい)の雰囲気を含めて当店はある程度アッパーな「余裕のある大人」をターゲットとしたお店作りをしておられると感じた。

「カレーやナーンを安く腹一杯食べたい」という人には向かないと思うけれど、カドカさんの「心を込めたおもてなし」や店の雰囲気、料理のクオリティなど総合すれば十分納得できる内容であった。

DSC_9532_20170523224249404.jpg

もっとはやく訪問すれば良かった(笑)

<参考:カドカさんについて>

ズーズーダゥ



関連ランキング:ネパール料理 | 池田駅

金曜ハラールバフェ@大阪ハラールレストラン

ゴールデンウイークの祝日金曜夜に大阪ハラールレストランを訪問。金曜日は近隣モスクでの金曜集団礼拝に対応したバフェを実施している。ランチタイムは毎回百数十人の利用があって混雑するものの、夜は比較的空いている。

DSC_9443_20170523030530634.jpg

DSC_9431.jpg

とりあえず全部盛り。

DSC_9432.jpg

この日はニハリやピーナッツペーストの濃厚グレービーが特徴であるチキンバダミなどタリックシェフはバフェでも手抜きが無い。


ナーンはこの店では珍しいクリスピーなものが供された(試作品?)

DSC_9439_201705230301096a2.jpg

食べすぎたので、デザートのザルダはパスで。

DSC_9441.jpg

DSC_9444.jpg

大阪ハラールレストラン



関連ランキング:パキスタン料理 | 千船駅出来島駅福駅





無題

DSC_9446.jpg

DSC_9449_20170521231136ab1.jpg

タカリ・ダルバート@ダルバート食堂(大阪市中央区内久宝寺町)

ゴールデンウイーク中にスペシャル企画として、ネパール料理の中でももはやブランド化されている「タカリ族のダルバート」をやるというので、マニアックにネパール料理を追求しながら一般的なカレー好きにも充分アピールして人気がある(笑)ダルバート食堂を訪問。

DSC_9460.jpg

メニューはこんな感じ。

DSC_9451.jpg

折角なのでチキンとマトンの2種盛を。

DSC_9455.jpg

ダールやチキン、マトンなどは当然美味しいのだけれど、グンドルックサデコが今までに無い風味だったので作り方など聞いてみると、やはりネパール産の油を使用しているとのことであった。

DSC_9461_20170521225613958.jpg

今後、ネパール米を選択できるようにするなど、どんどんマニアック度が深くなっていくのだけれど、ポピュラーな人気もより高まっていくであろう。

ダルバート食堂



関連ランキング:カレー(その他) | 谷町六丁目駅谷町四丁目駅松屋町駅



岡山でもハラール対応の南インド料理店が@インド家庭料理ミレンガ(岡山市北区野田屋町)

ゴールデンウイーク前半、岡山・倉敷へ旅行したついでに、「アジアハンター」Kさんやロープフィッシュさんが訪問するなどして気になっていた、ハラール対応の南インド料理店ミレンガをランチタイムに訪問してみた。

店はJR岡山駅から東に伸びる商店街を徒歩15分位、西川緑道公園沿いの「岡ビル百貨店」(昔流行った、一階が小売り市場で上階に住宅という作り。非常に再開発し難い形の商業施設であるため寂れているところが多いが、当地も正にそんな感じであった)の外側にあった。オープンして1年半ほどらしい。

DSC_9361_201705160207559a3.jpg

店内は改装中らしく、少しいびつな状態(笑)であったが、窓が大きくて外光を多く取り入れる作りであったので、とても明るい雰囲気であった。水とおしぼりはセルフスタイルなのだけれど、ウォーターサーバーがインドっぽい。

DSC_9336_201705160208366ec.jpg

メニューは一押しっぽい「ターリー」をはじめ、ハイデラバ―ディ・ビリヤニ、ドーサなど。意外に安い(笑)

DSC_9329.jpg

見事にナーンはメニューに無い(笑) プーリのことをルチと書いてあるのがムスリムっぽい??

DSC_9328.jpg

「手食のすすめ」や「ハラル」についての説明もしっかりしており好印象。

DSC_9333.jpg

DSC_9334.jpg

同行者と相談して、ビリヤニ、マサラドーサおよびターリーをマトンでオーダー。なお某ログなどにドーサなどティファン(軽食)類は14:00からオーダー可能と書いてあったが、現在はランチタイムでもオーダーできるようだ。

ターリー。ダルにベジクルマ、手前はグレービー。そしてマトンは濃厚なドライタイプで抜群に美味しかった。なお何故か南インド料理を特徴づけているサンバルやラッサムは供されていない。このあたりは料理人がムスリム(たぶん)ということに関係しているのかもしれないがどうなのだろう?あえてサンバルなどを供さないところがこちらのお店のコダワリだと思う。

DSC_9342.jpg

ハイデラバーディー・ビリヤニは、予想より少し小盛であったが、この価格なら納得か?ビリヤニの説明書きも的確。

DSC_9327.jpg

DSC_9344.jpg

豪華さは無いがシンプルな層状のルックスとパラパラな食感が良く、ハイデラバ―ディ・ビリヤニだけあってスパイシーであった。グレービーやミルチカサランではなく、なぜかダール付き。

ドーサはホームスタイルの柔目のもの。これも何故かダール付き。

DSC_9345.jpg

食後のチャイも生姜風味が強く濃厚で美味しい。

DSC_9355_201705160207595cd.jpg

帰り際に店奥の「販売コーナー」を少し見させていただいたが、改装中で商品もほとんど並んでなかったのが残念。

なお「プレイヤールーム」も完備されてました!

DSC_9360_20170516020758132.jpg

当店は南インド料理店でムスリム対応という、たぶん岡山にあってはとても個性的でチャレンジャーなお店であると思うけれど、当地のインド料理好きには話題となっているようで、若いカップルをはじめ、グループ客、ファミリー客など、意外と客層も幅広そうであった。

こういうスタイルはたぶん大阪では難しい(どうしてもお客さんが「カレーライス」っぽいものや「ナーン」を要望するので、そういう要望を取り入れてしまうと、気が付けば単なる「カレー屋さん」みたいになってしまう)と思うけれど、物販を含めてある意味理想的な「南インド食堂」であると思う。

DSC_9335.jpg


失礼ながら岡山にこのようなお店があり、人気店となっていることに驚きを隠せなかった。岡山に行った際は是非訪問してみることをお勧めしたい。

DSC_9364_20170516020752412.jpg

インド家庭料理 ミレンガ



関連ランキング:インドカレー | 西川緑道公園駅柳川駅岡山駅前駅
















南インドスペシャル(マサラドーサ)@インダスレイ(神戸市中央区元町通)

神戸元町の南インド(アーンドラプラティーシュ)料理店インダスレイをランチ訪問。最近はなかなか元町方面に行くことが無いので数年ぶりの訪問となった。

DSC_9079 (1)

厨房のヴィーナさんに久しぶりの挨拶後テーブル席に座らせていただき、南インドスペシャル(マサラドーサ)をオーダー、同行者はワンプレートのミールスを。

DSC_9060.jpg

南インドスペシャル。

DSC_9069.jpg

マサラドーサの他、ワダ、イドゥリにサンバル、チャトニ3種類という豪華ティファンセット的なプレート。以前よりドーサが大きくなったように見えるけれど気のせいか(笑)

(ドーサ内部構造)
DSC_9074.jpg

ミールスもなかなかの好バランス(野菜サラダは要らないと思うが)。

DSC_9062.jpg

ライスがいわゆるミールス米といわれるソナマスリライスであった。一般的に「バスマティライスが合う」と考えている方が多いかも知れないけれど、南インド料理には香りが比較的強いバスマティライスよりソナマスリライスのような中粒米の方が合う印象である。

DSC_9061.jpg

店内も綺麗で独特の雰囲気を楽しむことができた。

南インド家庭料理 インダスレイ



関連ランキング:インド料理 | みなと元町駅花隈駅元町駅(JR)



良質ランチセットの本格ダールと個性派ポーク@Sea茶 川西店(川西市久代)

今年3月頃、自宅のある伊丹市に隣接する川西市久代、陸上自衛隊中部方面総監部から少し北に上がったところにインド・ネパール料理店Sea茶(シーチャ)がオープンしていたことを知り、休日のランチタイムに訪問してみた。Sea茶は久代店の他、大阪の昭和町など全3店展開している。店の正面には関西スーパー久代店(関西スーパーの中では特に生鮮品3品を強化した先進的なお店のようだ)がある。

DSC_9196_20170512024004c3a.jpg

店に入りテーブル席に座らせていただいたがカウンター席が多いなど、典型的な喫茶店居抜きインネパ店であった。

メニューもほぼテンプレート的なもの。

DSC_9172.jpg

今回は店頭に設置してあるフライヤーを見せると10%オフだったこともあり(笑)、Cランチをオーダー。カレーは豆(ダール)と日替わりのチキン&ブロッコリーを辛口で。同行者はキーマとポーク。

まずベタなサラダから。

DSC_9175_20170512024122032.jpg

DSC_9178.jpg

ナーンはクリスピーとモッチリの中間な感じで、タンドリー手羽元も食紅を使わないタイプで好印象。

DSC_9182.jpg

そしてダールはネパールのハーブであるジンブーを使用したシャープな好みの味!

DSC_9181.jpg

同行者が選択したポークも今まであまり味わったことが無いような個性的なスパイス使いのもので、もしかしたらこれもジンブーを使用しているかもしれない。

DSC_9184.jpg

ナーンは全日食べ放題なので、2人で1枚追加していただいたが、日替わりやキーマもなかなか良好であった。

DSC_9183.jpg

飲み・食べ放題セットや豊富なドリンクなど夜メニューも充実している感じ。

DSC_9173_20170513033110444.jpg


DSC_9174.jpg


失礼ながら当初予想していたチェーン店っぽいマッタリしたマイルドなカレーでは無く、立地的にファミリー向けのお店であるにも関わらず、良い方に期待を裏切られた(笑)

DSC_9189.jpg

今度は夜に訪問してみたい。

※なお「Sea茶」という店名は、日本人である私から見て何か変(笑)であるが、あとで当店オーナーの友人であるというネパール人の飲食店経営者に聞いてみると、どうも「シーチャ」というのは、オーナーの奥様のお名前で、どういう経緯でこうなったか分からないが、当て字?にて「Sea茶」としたようだ???

Sea茶



関連ランキング:インド料理 | 北伊丹駅






プロフィール

みつお★

Author:みつお★
自転車(主にロードバイク、時々折りたたみ)のこととエスニック料理(主にインド、パキスタン、ネパール)食べ歩きの記録です。勤務地が兵庫県西宮市なので、平日は西宮界隈、休日は大阪、神戸方面が多いです。時々関東方面もあり。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
NCC (7)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
訪問者数