2th anniversary @ネパールのごちそう ズーズーダゥ(大阪府池田市室町)

阪急池田駅近くのネパール料理店ズーズーダゥのオープン2周年記念バッフェ(ランチの部)に行った。

DSC_0287.jpg

DSC_0272_20170727002527d91.jpg

カレー4種、チョウメン、チキンティッカ、マライティッカ、サモサの他、もちろん店主タドカさん自慢のスイーツ類も盛りだくさん。

DSC_0242_201707270024062df.jpg

DSC_0246_2017072700240115a.jpg

DSC_0245_20170727002403515.jpg

そして予てから目論んでいたタドカさんの故郷、バクダプール名物のヨーグルト、また当店店名の由来となっている「ズーズーダウ」もほぼ完成ということで今回のバフェにて供された。

DSC_0240.jpg

とりあえず料理を一通り盛っていただいた。

DSC_0268_20170727002502cb9.jpg

カレーはマトン、チキン、アンダーキーマ、ベジの4種とも手抜きなしに確り調理されており、焼き物の仕上がりも非常に良かった。

もちろんデザートも。

DSC_0273_2017072700250176e.jpg

王様のヨーグルト「ズーズーダウ」は予想以上に濃厚で食べ応えがあった。

タドカさんによると、いろいろ新展開も考えておられるようで、これからも目が離せないお店である。

ズーズーダゥ



関連ランキング:ネパール料理 | 池田駅





シンプルなダルバートセット@ネパールキッチン・サクラ(大阪市淀川区東三国)

半年ほど前にJR東淀川駅前にダルバートも供するインド・ネパール料理店がオープンするらしいという情報があったのだけれど、その後全然情報が無かったので放置していたところ、偶然当店を発見し機会を見計らってランチタイムに訪問してみた。

DSC_0218_2017072602485246a.jpg

店内に入ると比較的明るい雰囲気。ネパール人のご夫婦で営業されているようであった。

一応インド料理も供する(というかメニューを見る限りインド料理が主力)よくあるインド・ネパール料理店であるが、情報通りランチタイムのメニューにダルバートがラインナップされていた。


DSC_0204_201707260248269a8.jpg
DSC_0203.jpg


価格はこの手の店の標準的感じ。他のお客さんはナーン&カレーのセットを食べている方ばかりであったが、このラインナップを見る限り、普通はナーン&カレーの各種セット、たぶんカレーライスランチ、Aランチ、Bランチ、チーズナンランチにオーダーが集中しているような雰囲気。


そして当然の如くダルバートをオーダー。ドリンクはラッシーを。

まずチェーン店系っぽいサラダから。

DSC_0206_20170726024829a69.jpg


そしてダルバートが供された

DSC_0211_2017072602482939c.jpg


メニュー写真ではタールにカトリで供されるような感じであったが、実際にはボージャンタールのワンプレート+ヨーグルトのスタイルで供された。

ダールは少しリッチなタイプでサーグはホールのレッドチリとニンニクオイルで炒めたものであったが、メニュー写真にあるようなアルコアチャール(じゃがいも漬物(笑))ではなく、ジャガイモ、インゲン、ニンジンをゴマパウダーを振りかけて炒めたもので、写真にあったチャトニは供されなかった。全体的にはシンプルで食べ易いダルバートであったが、内容から見て価格的には割高な印象であるので、ダルバートをオーダーする人は少ないであろう。


DSC_0208.jpg

DSC_0209.jpg


インド料理を主力としながらダルバートを供して、他の同業店と差別化していこうという意図は分かるけれど、どうせやるのなら、もっとしっかりしたものを供してい欲しいという印象であった。料理自体はまずまず美味しかったのだけれど。


DSC_0216.jpg



ネパールキッチンサクラ



関連ランキング:ネパール料理 | 東淀川駅東三国駅新大阪駅




イード・スぺシャルバッフェ@大阪ハラールレストラン

6月25日にラマダンが終了してしまった?ため、予定されていたラマダンスペシャルがイードスペシャルに変更になった模様。

この日のラインナップは、マトンニハリ、チキンカレー、アールーチャナ、マトンビリヤニ、パコラ、デザート、サラダにナーンとワンドリンクという構成。

DSC_0179_20170723113156edb.jpg

DSC_0182_2017072311315859d.jpg

約1か月のラマダンが終わり、スタッフの皆さんや来店されたムスリムのお客さんもほっとされている様子で、ゆったりといただくことができた。

DSC_0191.jpg


大阪ハラールレストラン



関連ランキング:パキスタン料理 | 千船駅出来島駅福駅



ヘルシーランチ@アシヤナ箕面西小路店(箕面市西小路)

箕面の滝および勝尾寺方面へのドライブがてら、阪急箕面駅近くに最近オープンしたインド料理店アシヤナの箕面西小路店を訪問。

大阪、難波の本店に行ったことがあるが、最近北摂方面の千里と箕面に相次いで支店を出店した模様。

DSC_0132_20170721215921297.jpg

もともとこの地には大阪、梅田にあるちょっと高級ちっくなインド料理店バンジャーラの支店、ジャンバーラがあったが閉店しアシヤナが居抜きにて後を引き継いだようだ。

ランチライムのメニューは本店と同じ。

DSC_0089_20170721215907e5f.jpg

テンプレートなインネパチェーン店とは一味違うラインナップ。ちょっと違うものが食べたかったので、ゴマナン付のヘルシーランチをオーダー。

DSC_0096_20170721221155c5b.jpg

ドリンクは別なのだけれど、+280円でラッシーやチャイ、ジュースなどが飲み放題となるドリンクバーがあったので追加オーダーしてみた。

DSC_0091_20170721223007ddf.jpg

セルフにて、グァバジュースの他、ラッシーなどいただいたが、280円でいろいろ飲めるので、これはなかなか良いアイデアだと思う。オフィス街で客回転をよくする必要がある店では止めた方がいいけれど。


まずサモサ。

DSC_0098_201707212201330a5.jpg

中身はジャガイモ他ナッツ入りで結構美味しかった。

そしてメインのプレート。

DSC_0102.jpg

カレーはアールーベイガンとベジカレー。辛口でお願いしたがマイルドかつ上品な良い感じのもの。薄めのゴマナンもクリスピーで香ばしかった。

なおプレーンナンはおかわり無料とのことだったので、1枚いただいた。

DSC_0110.jpg

フェイスブックやインスタグラムにチェックインするとクルフィ―サービスという張り紙を見つけたので、早速チェックイン。

DSC_0122.jpg

サービス品というには失礼なくらいのクルフィ―をいただき、チャイと共にいただいた。

DSC_0119.jpg

ここ数年、アシヤナ各店には全然訪問してなかったけれど、メニュー構成やドリンクバーを始め、各席にアンケート用紙を置いてお客さんの意見を聞くなどしっかりお客さんの方を向いてサービス等改善に取り組んでおられるお店という印象でした。

DSC_0129_20170721215915052.jpg

アシヤナ 箕面西小路店



関連ランキング:インド料理 | 箕面駅牧落駅



いつものやつ@クスム本場家庭料理(神戸市中央区山本通)

姫路出張の帰りに神戸三宮で途中下車。

当初はセンタープラザ地下にオープンしたマレーシア料理店に行こうとしたけれど夜は営業してないみたいだったので方針転換して北野のクスムを訪問。地下のスパイスショップでシュクラさんに挨拶&買い物後2階のレストラン店内へ。

DSC_0067_201707190237536d2.jpg

いつものようにいつものやつ(笑)が自動的に。

DSC_0066_20170719023751b8d.jpg

DSC_0070.jpg

有無を言わさず2回転。

DSC_0071_20170719023641e4c.jpg

2回転目のカレーが1回転目と一部違うものが供され、カレーリーフやマスタードシードを使った、とろ味のついたちょっと酸っぱいものだった。2階に上がってきたシュクラさんに南インドのカレーみたいだと言ったら、シュクラさんが「あーこれはシンディ!」とのこと。

DSC_0072.jpg

シンド人ってパキスタンという認識だったのだけれど、グジャラートあたりにもヒンドゥーのシンド人がいるらしい。だからグジャラート料理に近い感じなのかな?

よく分からないけれど。

DSC_0075.jpg

クスム本場家庭料理



関連ランキング:インド料理 | 三宮駅(神戸市営)三ノ宮駅(JR)神戸三宮駅(阪急)






イフタール食事会@大阪ハラールレストラン

久々に開催された新メニュー検討会?を兼ねた食事会に参加。今回の食事会はラマダン期に売上が低下する?当店を応援するという意味もある。今回も主催者では無いので気が楽だった(笑)

今回のテーマはラマダン期間中ならではの「イフタールを体験する」というもの。

まず日が暮れた頃を見計らってフルーツから。

DSC_0007.jpg

そしてドリンクは新メニューである「ピナコラーダ」。パイナップル味のノンアルドリンク。美味しかったが調子に乗って飲んでいるとけっこうお腹に溜まるので、控えめに。ラマダン期間中らしいハイカロリーっぽいドリンクである。

DSC_0004.jpg

次に野菜サラダ(ブロッコリーが生だった)とパコラ。

DSC_0009_20170709140659982.jpg

DSC_0010_20170709140701112.jpg

焼物はチキンティッカとハリヤリティッカ。

DSC_0017.jpg

当初の予定になかった、サービス品的なアールーポンダ。

DSC_0020_20170709140744a12.jpg

この時点でかなりお腹がいっぱいに(笑)

メインの「マトンマンディライス」とカレー2品(マトンシチューとチキンピーナッツカレー)。

DSC_0028.jpg

DSC_0034 (1)

デザートはタリックシェフ特製の「チョコレートケーキ」。

DSC_0040_20170709140750b79.jpg

これまたドリンクの新メニュー、ミントソーダと共に。

DSC_0042.jpg

ペース配分を誤り、またも食べ過ぎに(笑)

DSC_0018_201707091528326a6.jpg

ラマダン中、モスク内にてイフタールが行われており、基本的に無料で食事できるらしいので、イスラム教徒のお客さんは少なかったけれど、けっこう日本人のお客さんが多かった土曜日の夜でした。


大阪ハラールレストラン



関連ランキング:パキスタン料理 | 千船駅出来島駅福駅



チェーン店傘下でも、この店はちょっと違う@ハリパリワール今津店(西宮市今津水波町)

阪神今津駅近くのインネパ店ハリパリワールをやっとこさ初訪問。

DSC_9966.jpg

当地は以前「カビタ」という屋号のインド料理店でネパール系チェーン店から独立されたネパール人の方が経営しておられたが、立地的にかなり厳しいためか業界筋の情報によるといろいろ問題があったようで、約1年ほど前に関西地盤のインド系チェーン店パリワール傘下の委託営業店となり、現在はかつて九州では有名なインド料理チェーン店にて活躍しておられたネパール人シェフが家族経営的に当店を任されているようだ。

なので他の「パリワール」や「ハリパリワール」各店とはメニューの内容や構成が違う。

DSC_9955.jpg

店の外観は「カビタ」時代とデザインなどほぼ同じで、例によって「あの方」が作成しておられるような如何にもテンプレート的でベタなチェーン店系インネパ店であった。しかし店に入って、あちこちのインネパ店見かける「あの方」作成の同じようなデザインのメニュー表を見てみると、予想に反してネパールの国民的定食「ダルバート」がラインナップされていたのでオーダーしてみた。

なおシェフの他はシェフの奥様と娘さんと思われる方がお手伝いをしておられた。

まずインネパ店特有のベタなサラダ。

DSC_9962.jpg

そしてダルバート。

DSC_9960_20170709135009059.jpg

メニュー写真ではステンレスのタールであったが、実際に供されたダルバートはメニュー表の写真とは比べものにならないくらい美しい光り輝くチャレスコタールにて供された。ダル、マトンカレーは北インド寄り(ムガル宮廷料理系)のレシピのようであるが、 ベタなチェーン店系店で供される標準的なものより、かなり良い品質ものであった。

サーグは大根菜でアチャールは浅漬けタイプ。普通、ガチなダルバートでは付けないと思うけれど、少し大きめのチキンティッカも付いていてお得感もあり、南アジア系店ではなおざりにされることが多い日本米の「白ごはん」の炊き加減もなかなか良かった。

DSC_9965.jpg

そして後日、再訪問。

今度はインド系メニューの日替わりセットをオーダー。カレーは日替わりカレー一択で、この日は「オクラ&チキン」(ビンディ・チキン)。

DSC_0080.jpg

インド系のカレーは、チェーン店っぽいクリーム過多で甘いものが供されるかと身構えたが、実際に供されたカレーはスパイスを過度に使用しない、シャバい感じのシャープな辛さ(辛口でお願いした)のもので、チキンは骨付きでは無かったものの、どちらかと言えばネパールのククラコマス的な印象のものであったのが意外だった。

DSC_0081_201707091351124d6.jpg

なおこういうタイプのカレーはナーンにはイマイチ合わないのだけれど、ナーンそのものは外がカラッと中がしっとりとした理想的なもので、食感・味ともとても良いものであった。なお野菜サラダはチェーン店系店でよく見かける赤っぽい例のドレッシングであったが(笑)

DSC_9958.jpg

総合的な印象として、当店はネパール人シェフの家族経営的な店で、家族間の会話が店内BGM(笑)という緩い雰囲気であったものの、シェフの腕が良いためか外見から受ける印象とは異なり当初の予想を覆す良い料理を供する店であり、南アジア系店の多い西宮市内にあっては、「掘り出しもの」的な印象のお店であった。

なお個人的には、当店のシェフのような腕の良いシェフはもっと立地の良い繁盛店で働いて欲しいと思うし、このような立地のお店で「埋もれている」のはもったいないと思う。

ハリパリワール 今津店



関連ランキング:インド料理 | 今津駅(阪神)今津駅(阪急)久寿川駅



謎のキノコ・ジャガイモ・チキンカレー@プルニマ(伊丹市荒牧南)

ランチタイムに伊丹市荒牧南のインネパ店プルニマを初訪問。

当地は昨年、インド系インド料理チェーン店スビ・マハル荒牧店としてオープンしたが、1年経過することなくネパール系インド料理チェーン店に居抜きで売却されたようで、プルニマとして再オープンした。

DSC_9921.jpg

なお同じ幹線沿いに当店の北には地域一番店である実力派ネパール料理店ビ・サパナエック、南にネパール系委託営業店(だと思う)リトルインディアがあるので、普通に考えればこんなところに同業店をオープンすれば3店とも共倒れすることは目に見えている訳で、最近チェーン店系店はこのような一見無謀とも思える出店が多いのだけれど、たぶん我々には分からない何か理由(なんとなく分かっているが)があるのであろうと思われる。

さて店に入ってみると、最近のチェーン店系に多い、極力民族色を排したカジュアルな明るい雰囲気であった。

DSC_9910_20170703212412e15.jpg

ランチタイムのメニュー表を見てみると、例によってチェーン店をはじめ阪神間あちこちのインネパ店で見かける例のデザインのもの。料理のラインナップもテンプレート的なもの。

DSC_9911.jpg

魅力的なセットが無かったので、日替わりカレー一択のAランチ830円をオーダーした。なおセットのドリンクはストロベリーラッシーを。

厨房の様子が見えたので観察していると、チェーン店によくある「経験者が未経験者をOJTにて育成する」のとおりの光景が見えた。そして煮詰まったチキンスープ、インネパ店お約束の赤っぽいドレッシングがかかった千切りキャベツのミニサラダと共にタールに載せられてカレーとナーンが供された。

DSC_9916.jpg

日替わりのカレーはキノコ・ジャガイモ・チキンカレー。これもインネパ店の日替わりカレーは「チキンと何か」であるという法則(笑)通りである。

DSC_9917_2017070321241580a.jpg

供されたカレーの表面は針生姜的な何かウエットスパイスのようであったが、よく見ると「エノキダケ」であった。このパターンは新しい(笑)。なおグレービーはチェーン店てきな香りの無い茹で玉ねぎベースの謎カレー。特にどうこういう感想は無くいつもの「チェーン店的なもの」であった。ナーンもチェーン店では標準的な粉っぽい温かい時だけ美味しい?もの。

DSC_9914.jpg

なおサービスドリンクとして供されたストロベリーラッシーはとても美味しかった。

DSC_9922.jpg

伊丹市荒牧という小さなエリアで、焼き物がとても美味しくて顧客をガッチリ掴んでいる地域一番店とカジュアルで使いやすい地域2番店の間で、当店はどのような強みがあるのだろうか?

インド料理 プルニマ



関連ランキング:インドカレー | 中山寺駅山本駅中山観音駅









プロフィール

みつお★

Author:みつお★
自転車(主にロードバイク、時々折りたたみ)のこととエスニック料理(主にインド、パキスタン、ネパール)食べ歩きの記録です。勤務地が兵庫県西宮市なので、平日は西宮界隈、休日は大阪、神戸方面が多いです。時々関東方面もあり。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
NCC (7)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
訪問者数