ワナッカン!南インドのティファンとカレーとインド映画の店@なんどり(東京都荒川区西尾久)

先日の上京時、かねてから関東方面を代表する南インド料理マニアとして名を馳せていた店主(inaさん)が満を持してオープンした南インド(タミルナードゥ州)料理の店「なんどり」を平日のランチタイムに訪問した。店の立地は東北本線尾久駅近くという、関西人にとっては全く謎のエリア。都電でも行けるようであるが、そもそもどの辺りから都電に乗れるのか分からないため、JR上野駅を経由して現地に向かった。JR尾久駅を降りて徒歩5分ほどで店舗に到着。事前に写真で見た通り、派手なペイント(武田ワーラー作らしい)が施されたエクステリアでかなり目立つのですぐ分かった。

DSC_4407.jpg


さて店内に入ってみたところ思ったよりも狭くて席数が少ない。一人での入店だったのでカウンター席の一番端に座らせていただいた。

01-31@12-03-44-101.jpg
01-31@12-46-47-264(1).jpg

初めての訪問なので、まず店主にご挨拶させていただいたあと、ランチメニューの中からミールスをオーダーした。

マニアックな料理のお店なので、失礼ながら平日のランチタイムにそんなにお客さんは来てないだろうと思っていたが、この日店内は奥の座敷も含めてほぼ満席であった。店主は「いつもはこんなことは無いのですが」とおっしゃっておられたが、客層もマニアックな方だけではなく、ご近所の子供づれママ友らしきグループやご家族などが来店しておられ意外であった。

DSC_4391.jpg
DSC_4394.jpg

調理等店主が一人で切り盛りされておられるため、暫く待った後ターリーに盛られたミールスが供された。この日は比較的あっさりしたサンバル、ベジ(豆?)コフタカレー、ペッパーラッサム、ポリヤル、ベジミート(ソヤ)、ニンジンの香味炒め、パパドなど。ライスはバスマティライス。

DSC_4395.jpg
DSC_4397.jpg
DSC_4398.jpg


全体的にはやさしい味ながら辛い物は辛いというメリハリがあり、さすがに噂に聞いていたとおりの美味しさであった。特にペッパーラッサムが秀逸であった。ミールスをいただいた後、マドラスコーヒーもいただいた。

DSC_4404.jpg

このコーヒーについても、南インドっぽくエアブレンドして供されるなど、全てにおいて店主の南インドに対する強いコダワリがうかがえた。なお店主の奥様が有名なインド映画マニアの方ということもあり、店内でタミル映画等のDVDなども販売されている。


夜のメニューも興味深いものが多くお酒の種類も比較的豊富であるから、ティファンやアラカルトをいただきながらお酒を飲むという居酒屋的な使い方もしても面白い。

行きやすい立地ではないと思うけれど、南アジア料理のマニアであれば是非一度は訪問してみたい「聖地」の一つであると思う。

DSC_4389.jpg


なんどり



関連ランキング:インド料理 | 荒川遊園地前駅荒川車庫前駅尾久駅





<
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みつお★

Author:みつお★
自転車(主にロードバイク、時々折りたたみ)のこととエスニック料理(主にインド、パキスタン、ネパール)食べ歩きの記録です。勤務地が兵庫県西宮市なので、平日は西宮界隈、休日は大阪、神戸方面が多いです。時々関東方面もあり。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
NCC (7)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
訪問者数