ガパオライス@ほっともっと

休日出勤中の月末の土曜日、ランチにタイ料理マニアの間で話題となっている、弁当チェーン「ほっともっと」が9/27から販売している「ガパオライス」(ガパオ・ガイ・ラート・カーオ・カイダーオのことで良いのか?)を職場近所にて購入し食べてみた。
 

 
店頭にはこの看板や大きなポスターなどが貼ってあり、現在のイチオシメニューであることが分かる。
 
 
袋から出してみるとガパオライスに生野菜のサラダがセットされている他、箸と先割れスプーンも付いていた。
 

 
 
サラダは容器ごと分離できるようになっている。
 

 
 
蓋をあけるとこんな感じ。
 

 
レモンが一切れ添えられていたが、ほっともっとのHPによると、ガパオライスにレモン汁を絞って食べるようにとのこと。私はそんなことはせず、サラダに掛けましたが。
 

 
ガパオの色が変、鶏肉が「ミンチ」である、プリッキーヌだと思ったら赤ピーマンだった、レモンは?とか突っ込み所はいろいろあるけれど、日本のタイレストランでよくあるタケノコやシメジ、ピーマンなどの具材を加えておらず好感が持てるし、味もまずまずであると思う。味については、例えるなら「タイフェスの屋台で売ってるガパオライス」のような感じを想像していただければ・・・
 
「ほっともっと」を展開するプレナス(本社:福岡県福岡市)はタイの企業MK(タイしゃぶチェーンで有名)と合弁で九州を中心にタイシャブ店MKを展開しているし、相互フランチャイズ契約によりMKはタイで「やよい軒」を展開していたり、シンガポールでは合弁会社により「ほっともっと」やMKレストランをオープンさせるなど、タイ企業と深い関係にあることから、この「ガパオライス」のような弁当メニューの企画が出てきたのであろう。
 
この「ほっともっと」のガパオライスもタイMKグループ店である高級タイ料理店「ラ・サイアム」が監修しているそうなので期待していたが、実際にいただいてみて自分の期待ほどではなかったけれど、日本で商品化する上で原材料の調達やコストなどの制限がある中で、なかなかいい線を行っているのではないかと思った次第です。
 
第2、第3のタイ弁当を期待したいと思います(次はカオマンガイか?)。
 
 
プレナスHPにてタイの女優・司会者であるNewwy(ニウイ)さんが、タイと「ほっともっと」のガパオライスとの違いを分かりやすく説明している。レモンのことなども含めて「ほっともっと」企画・開発担当は「違いをよく分かっていて」この内容、味にしていることがよく分かります。
 
 
 
 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みつお★

Author:みつお★
自転車(主にロードバイク、時々折りたたみ)のこととエスニック料理(主にインド、パキスタン、ネパール)食べ歩きの記録です。勤務地が兵庫県西宮市なので、平日は西宮界隈、休日は大阪、神戸方面が多いです。時々関東方面もあり。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
NCC (7)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
訪問者数