Miles(ミルス)はMeals(ミールス)に非ず(笑)。

ビリヤニで有名な大阪某店にて、「南インドのミールス」が新メニューとして加わったとの情報により、日曜日のランチタイムに訪問してみた。さすが人気店なだけあって午後2時を過ぎていたがほぼ満席。なんとか待たずに席に着くことができた。メニューを見てさっそく「南インドのミールス」をオーダーしようと思ったが、ウエイトレスが如何にも臨時雇い的な、接客を含めてよく分かってなさそうな若い女性であったのでスムースに事が運ばなかったが、何とかオーダー完了。「インド米(バスマティライスとは言ってない)かレモンライスか選べるとのことであったので、カレーを混ぜて食べるのであればレモンライスより「インド米」だろうと「インド米」を選択。さらに「チャパティ」か「プーリ」か「ナン」(笑)もついているとのことであったので、「ミールスならプーリだろう」とプーリをオーダー。なおミールス用の食器の用意が少ないらしく、しばらく待った後、料理が席に運ばれてきた。

店主が気を利かせてサービスしてくれたらしくインド米(なぜか黄色に着色)とレモンライス両方用意してくれた。しかし各料理を見て愕然とした。

DSC_7806.jpg

 「南インド」と書いてあったので自分で勝手にサンバルやラッサム、ポリヤルなどを含んだタミルやケララ等の料理を想像していたが、正直、初めて見る「南インド料理」であった。肉のカレー(チキンとマトン?)と魚のカレーは乾燥カレーリーフ入りではあったが、油を非常に多く使用しており、表面に油が浮いていた。味もこちらのお店独特のニンニク多めで刺激の強いものであり、さらにこのノンベジ3種については、たぶん同じグレービーを使用しているのか、ほぼ同じ味であった。ノンベジとはいえ、パキスタン料理にも匹敵するほどの油・ニンニク使用量であったが、はたしてこれは南インドのどの地方の料理なのだろうか?さらにその他のカレーは油の多い野菜カレーと油の多いダール、さらに油の多いバターチキン(笑)。浅漬け風のアチャールはまだマシであったが、ダヒではなくビリヤニの付け合せ用ライタが付いていた。

 あとターリーとは別にカトリでポリヤルが供された。これは確かに他店でも良く見る南インド料理であるが、炒めすぎておりココナツロングが変色していた。これも油使用多め。

DSC_7810.jpg

またサービス(だと思う)で供されたレモンライスは良くできていたと思う。

 あと驚いたのが「プーリ」である。プーリは「揚げチャパティ」であるが、よく揚げナンと同じもののように錯誤されることがある。嫌な予感がしていたが、やはり供されたのは揚げナンである「バトゥーラ」であった。

DSC_7809.jpg

 こちらのお店、地域においては人気店であり、コアなファンも多いし、店主も非常に経営センスのある方なので、期待していたのであるが・・・。  客層が細かいことに拘らない方ばかりなのかもしれません。

 で、店を出るときに外に貼ってあった新メニューをよく見ると「Meals(ミールス)」ではなく「Miles(ミルス)」と書いてあった。「ミールスちゃいまんねん、ミルスでんねん」ということか?

DSC_7812_2014072714484461c.jpg

 それと福島区某店のように「手で食べれば50円引き」でとのことであるが、上記したように油が非常に多いので、後で石鹸でよく洗わない限り、指(手)がヌルヌルになってスマートフォンの入力等に困ると思うので注意すべし。

※別の日にこのメニューを食べた方の写真をFBの某グループにて拝見させていただいたところ、カレーの種類や付け合せなどが違っていた。もしかしたらその日の日替わりカレー等をぜんぶ少しずつ供するというのがこのメニューのコンセプトなのかもしれません。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みつお★

Author:みつお★
自転車(主にロードバイク、時々折りたたみ)のこととエスニック料理(主にインド、パキスタン、ネパール)食べ歩きの記録です。勤務地が兵庫県西宮市なので、平日は西宮界隈、休日は大阪、神戸方面が多いです。時々関東方面もあり。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
NCC (7)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
訪問者数