インドではない「ネパールの味」に対する強いこだわり@Taste of Nepal(ネパールの味)

東京、門前仲町あたりに新しく「ネパール料理」にコダワった店がオープンしたというウワサを聞きつけ、東京出張時のディナータイムに訪問してみた。

DSC_0366.jpg

従来多くの在日ネパール人飲食店経営者等は、自店開業時のメニュー構成等を考える際に日本人から人気が高く、ある程度堅く稼げる北インド料理(いわゆるナン、カレー、タンドリーチキン)中心のインド料理店として開業するか、北インド料理を中心として日本人にも受け入れやれやすい「モモ」や「チョウメン」などネパール・チベット系料理を加えた「インド・ネパール料理店」として開業することが多かった。これは基本的に彼らは出稼ぎであるのでインド料理やネパール料理に詳しくない客層をターゲットとして無難に手堅く儲けようという発想によるもの(最近、中華料理やタイ料理なども供する「アジア料理店」というよく分からないコンセプトの店が増えてきた)で、こういう店を否定したり非難したくなりがち(私も以前はそうであった)であるけれども、そもそも彼らや彼らの店で働くネパール人は「日本にネパールの食文化を紹介したい」という崇高な意志を持って来日したわけでは無く、「日本でで稼いで一旗あげて村に錦を飾りたい」と親、親戚などから借金してまで日本に来た人たちが多いわけであるから、そこのところは理解してあげる必要がある。しかし最近、少しではあるがネパール人としてのアイデンティティを意識し「ネパール料理店」としてダルバートセットやスクティ、各種チョエラやサデコをはじめ、トゥクパやテントックなどチベット系料理を供する店も増えてきた。ただどうしてもマイナーなネパール料理だけでは商売にならないので、基本は北インド料理中心というスタンスは変わらない。純粋にネパール料理店だけしか供しないという店は、全国的に見て私の知る限り数店だけ(主にネパール人客を相手にしている東京・新大久保のあの店とか最近再開した巣鴨のあの店とか)であり、通常は店を維持していくことは困難である。

さて当店へは夕方の5時過ぎにメトロ門前仲町から徒歩で当店に向かった。駅からは徒歩約10分弱で到着し、店に入ると噂のイケメン店長が出迎えてくれた。

CN_2014_0927_1719_16.jpg

店内は予想していたよりもかなり小さく全部で10数席という小バコであった。

DSC_0350.jpg


席に座ってメニューブックを見てみると、インド系のカレーやナーン、タンドールを使用した焼き物メニューもあるけれど、一番のおススメとして「ダルバートセット」がラインナップされていた。もちろん、ここのところはダルバートセットをオーダー。まず野菜サラダ(オリジナルドレッシングが美味しかった)、しばらくして料理が席に運ばれてきた。

DSC_0351.jpg

DSC_0353.jpg

この日のダルバートセットはダルとバートを中心として、ククラコマス(ネパールスタイルのチキンカレー)、タルカリ、サーグなどがターリー上に配置されて供された。

DSC_0358_20141016214741b1b.jpg

そして徐に食べ始めるとさらにミックスアチャール、ゴルベラコアチャールが供された。

DSC_0359.jpg

DSC_0360.jpg

さらにチャナ入りトマト系スープおよび丁寧に裏ごしして調理したであろう滑らかなパンプキンスープも供された。ククラコマスはしっかりネパールスタイルであったし、それぞれの料理は丁寧に調理されており日本人も食べやすい味付けであり美味しくいただくことができた。また最後にデザートのキールとネパールティーをいただいた。

DSC_0362.jpg


食事をしながら店長とネパール料理のことや他の店のことなどについて話をした(サンサールなどを意識しているらしい)が、店名の「テイスト オブ ネパール(ネパールの味)」から分かるように、自店のコンセプトとしては、「お客さんにインド料理とは違うネパール料理の数々を紹介・提供していき、その美味しさを分かっていただきたい」というものであった。「そやけど多くの日本人のお客さんはネパール料理のことは分からんから、ナンとカレーとタンドリーチキンばかりオーダーするんやないか?」と意地悪な質問をぶつけてみたが、店長は「それは分かってるけど、インド料理とネパール料理の違いとか食べ方とかしっかり説明するよ」とのことであったので安心した。またオープンしてまだ1か月少々ということもあって、メニューや提供方法などをいろいろ試行錯誤しているとのことであった。なおランチでもダルバートを提供しているそうであるが、メニュー表を作成する際、業者にうまく意思を伝えられなくて当初は掲載されていなかったが、本当は「日替わりスペシャルランチ」980円税込がダルバートセットとのことであるそうだ。また近所にダニア(コリアンダー)リーフを売ってる店が無いという悩みがあるとのこと。

DSC_0369.jpg

帰りの新幹線の時間が迫ってきたので1時間弱で失礼したが、この若いイケメンの店長はなかなか意欲的であるし、お客さんに自店の料理を気に入ってもらおうという姿勢がよく分かった。立地的に純ネパール料理を追及するにはしんどい地域だと思うので、店の経営が軌道に乗るまでは、柔軟にインド系の料理も提供すべきであると思うけれど、店長のホスピタリティも高く「お客さんにしっかり説明する」という部分など、今後かなり期待できるという印象をもった。

DSC_0368.jpg


テイスト オブ ネパール



関連ランキング:ネパール料理 | 門前仲町駅清澄白河駅


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みつお★

Author:みつお★
自転車(主にロードバイク、時々折りたたみ)のこととエスニック料理(主にインド、パキスタン、ネパール)食べ歩きの記録です。勤務地が兵庫県西宮市なので、平日は西宮界隈、休日は大阪、神戸方面が多いです。時々関東方面もあり。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
NCC (7)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
訪問者数