マイルド、スムース、甘いナーン&見事なグルグル。そして何故ゆえ茹で玉子?@インド・ネパール料理ルンビニ(大阪市中央区瓦町)

店には日曜日のランチタイム遅い時間に訪問。

DSC_1033.jpg

当店の立地は堺筋沿いにある明治安田生命備後町ビルの北隣に位置するビルの地下1階となっている。歩道上に看板、地下に降りていく階段出入口前にネパール国旗およびメニュー表などが設置されているので、店舗が地下にあるといっても、外から店の存在は認知されやすい状態となっている。

DSC_1036.jpg

もともと「シダラタ」という店が入居していたが、事情はよく分からないがスタッフごと他のオーナーに売却されたようで2014年2月から現在の店名となっている。「ルンビニ」という店名は結構多く大阪府下にも数店あるようだが別経営で、某ネパール人情報筋によるとこちらのオーナーは、他に三重県で同じ店名の「ルンビニ」という店を経営しているようだとのことであるが確認は取れていない。

DSC_1039.jpg

DSC_1038.jpg


店内は予想していたよりも広く、明るく、きれいであった。このあたりは企業等が多いので、さすがに日曜日はお客さんも少ないようで、先客は1人だけ。4人掛けのテーブル席に座って、ランチメニューの中から、ボトムラインであるAランチ790円税込をオーダー。カレーは数種類から選択できたが、日替わりのほうれん草ポークを辛口でお願いしたた。

DSC_1042.jpg

暫くして料理がターリーに乗せられて席に運ばれてきた。一見良さそうな感じに思えたがそれぞれの料理をいただいてみると、かなりマイルドでインド料理に慣れてない方などに好まれる味付け等であった。カレーは辛口といってもほうれん草をフードプロセッサーで細かくして刺激物を極力減らして作ったグレービーに辛みだけつけているようで、クリームでグルグルしていることも相まって食感はスムースであったが、ほうれん草のカレーはそもそもこんなものではないし、具材であるポークとも合わない感じ。ナーンは、この手の店によくありがちな甘いもの。サラダはイージーなキャベツの千切り。

DSC_1046.jpg

また不思議なのは「ゆで玉子」がついていること。今までいろんな店でインド料理のランチセットをいただいてきたがこのパターンは初めてである。インドカレーにゆで玉子というのは、たとえばほぐしてグレービーに混ぜるとか、ライスにグレービーと一緒に混ぜていただくとか、少しでもインド料理のことを理解している人であればある程度対処方法が分かるが、多分、このお店に普段来店されている大多数の日本人はどうしたらいいのか分からないと思う。ついてないよりついている方がいいが、なぜゆで玉子をつけるようになったのか、その辺りの理由を誰か知っているなら教えてほしい。

DSC_1047.jpg

総合的な印象としては、地下という一般的には不利な立地であるけれど席数も多く、忙しい近隣ビジネスマン等にとっては待たずに手軽にインド料理っぽいものがいただけるので利用価値は高いと思う。

DSC_1034.jpg

ルンビニ



関連ランキング:インド料理 | 堺筋本町駅本町駅北浜駅


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みつお★

Author:みつお★
自転車(主にロードバイク、時々折りたたみ)のこととエスニック料理(主にインド、パキスタン、ネパール)食べ歩きの記録です。勤務地が兵庫県西宮市なので、平日は西宮界隈、休日は大阪、神戸方面が多いです。時々関東方面もあり。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
NCC (7)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
訪問者数