間借り系な本格南インド料理@バアルカリー(大阪市福島区玉川・油野美術館1階)

亜州食堂チョウクのマスターと運び屋マリさん、および情報通(特に若くて美しい女性調理人・スタッフ等がいるエスニック料理店情報)のチョウク常連Nさんから教えていただいた間借り系インド料理の店バアルカリーを初訪問した。

DSC_1170(1).jpg

出店場所は大阪市福島区にある油野美術館1階のスペースである。なお油野美術館は常設展示があるような美術館ではなく、実態としては貸イベント会場というかレンタルスペースのようで、ライブ、ワークショップ、展示会等のイベントやキッチンがある1階はジャンルに関係なく間借り系の飲食出店もやっているようだ。バアルカリーは基本的に金曜・土曜の16:00~24:00!という時間帯に出店しておられる。

バアルカリー料理人の女性は、某インド料理店に勤めたりしながらインドへ料理修行などに行ったりしてインド料理を学んでおられるようである。実はあとで分かったことであるが、私が以前その勤めておられる某インド料理店で開催された食事会に参加した時に私の近くで激しくカレーをぶちまけた女性スタッフがおられたのであるが、まさにそのぶちまけた方なのであった!

メニューは基本的に週替わり1種類のようで、訪問時はベジオンリーでこんな感じ。

DSC_1150(1).jpg

DSC_1157(1).jpg

種々の事情により、調理済のものを持参して、温めなおして供しているようであるが、料理のフレッシュ感やスパイスの香り等、弱くなっているというような印象は受けなかった。バスマティライスで調理したプラオやワダ、アチャールなど、ディティールにも凝っているし、何よりサンバルを始めとしたカレー類が辛さ、塩加減とも初めて南インド料理を食べる方にも違和感なく受け入れられる絶妙なバランスに感心した。

DSC_1165(1).jpg

なお毎週変わりでいろんなインドスイーツが供されるのもこの店の大きな魅力の一つで、この日はアダ(ADA)という、一見京都の生八つ橋に見える(味は全然違う)珍しいものが供された。他の日にはウニアッパムやスギヤン(sugiyan)などケララを始めとした珍しい南インドスイーツなどが供されるようだ。

DSC_1152(1).jpg

店の雰囲気や客層などオヂサンは入り難いかもしれないけれど、特に南インド料理ファンは要注目である。

DSC_1171(1).jpg



バアルカリーURL
http://baal-curry.tumblr.com/



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みつお★

Author:みつお★
自転車(主にロードバイク、時々折りたたみ)のこととエスニック料理(主にインド、パキスタン、ネパール)食べ歩きの記録です。勤務地が兵庫県西宮市なので、平日は西宮界隈、休日は大阪、神戸方面が多いです。時々関東方面もあり。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
NCC (7)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
訪問者数