ランチAセット@インド・ネパールキッチン「ナマステ・ビハニ」

以前、店の前を偶然通りかかり発見して、いつか行ってみようと思っていた、尼崎市塚口本町のインド・ネパール料理ナマステビハニを平日のランチタイムに訪問した。店はグンゼタウンセンターつかしんSCの南、三菱電機伊丹製作所正門前交差点から東に300mほど行ったところのビル1階にある。

DSC_9447.jpg

さて13:00頃店に入ると全くお客はおらず、暗い雰囲気であった。手前にテーブル席、奥に座敷という配置。とりあえずどこに座っても良いようであったので、店に入ってすぐあたりのテーブル席に座らせていただいた。そのあとすぐに消えていた店のモニターの電源を入れてネパールの民族舞踊っぽいビデオを流し始めたので、たぶんこの日は私が初めての客であったように思う。スタッフはネパール人2人態勢であったので、普段お客さんで混むことは無い過疎店であると思われる。

DSC_9443.jpg

メニュー表を見てみると、店名に「ナマステ」がついていることからも分かるように、例の関西巨大インネパチェーン店一派系のメニューそのものであった(一部手書きなのは他同系列店のメニュー表を流用しているからであろう)。今回はナーン、カレー、日替わりカレー主体のAセット780円をオーダーした。カレーは日替わりの「チキンと豆(ダールチキンのことか?)」であった。

まず定番のキャベツサラダとスープが席に運ばれてきた。

DSC_9436.jpg

サラダのドレッシングはインネパ店でよくある赤っぽいやつ。スープはチキンスープであった。なおスープが器の下1/3位の少量しか入っていなかった。

その後カレーとナーンが席に運ばれてきた。

DSC_9439.jpg

ナーンは可もなく不可もなくな感じ。カレーは同チェーン店のカレーらしくマイルドかつクリーミーでスムースなタイプ。やはりこの店もインド料理に慣れてない一般の日本人を相手にしているので、スパイス感は非常に弱い。辛口でオーダーしたが、基本的にこのようなタイプのグレービーは辛くしない方が良いようだ。

食後にチャイ。

DSC_9442.jpg

全体的な料理の印象としては、特筆すべきものは無く、あえて遠くから訪れる必要の無い店であるので、地元密着型を目指すべき店であると感じる。ただ近隣の阪急稲野駅前に地域で人気である程度良い料理を供するインド料理チェーン店「スビマハル稲野店」があるので、スビマハルより圧倒的に美味しいとか安いとかであれば別であるが、このナマステ・ビハニがスビマハル稲野店に勝っている部分は無いと思われるので、もしかしたら1回くらいは行くかもしれないが普通はあえてこのナマステ・ビハニを選択するということは無いであろう。


ところで、こちらのお店もネパール人が無理やりインドっぽい装飾等をしようとして変な違和感のある店内となっている。奥の座敷席はいいとして、壁に描かれている3色旗は何か?真ん中の白い部分に糸車が無いし色の配置が違うのでインド国旗ではない。これは上下違うけれど「アイルランド」あるいは「コートジボワール」の国旗ではないか?

CN_2014_1225_1333_12.jpg

自分たちで塗装したのか、こういうお店を専門にやっておられる安い内装業の方にお願いしたのか分からないか、ちょっと恥ずかしい(笑)

DSC_9445.jpg

DSC_9450.jpg



インド・ネパールキッチン ナマステ・ビハニ 塚口



関連ランキング:インド料理 | 塚口駅(阪急)猪名寺駅稲野駅






関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みつお★

Author:みつお★
自転車(主にロードバイク、時々折りたたみ)のこととエスニック料理(主にインド、パキスタン、ネパール)食べ歩きの記録です。勤務地が兵庫県西宮市なので、平日は西宮界隈、休日は大阪、神戸方面が多いです。時々関東方面もあり。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
NCC (7)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
訪問者数