裏メニューでネパールの「そばがき」ディロ(ディード)セット登場!@アカーシュ(西宮市門前町)

2015年1月28日に門戸厄神駅西側、門戸商店街内にあるスパイス料理にも造詣が深いYシェフが経営するイタリアンレストラン「アランフェス」にて開催された当店とアランフェスのコラボレイション企画に参加。ワインに合わせたネパール料理のコース(後日「ヌーベル・ネパリーズ」と命名:命名者T・Y嬢)をいただき、改めて当店の実力の高さを再認識。その後FB上にて当店オーナーにお礼の他「ディロ(ディード)が食べたいなあ~」とダメもとでつぶやいたところ、意外にも「事前に予約していただければ提供できます」とのことであったので、早速予約の上訪問させていただいた。

DSC_0229_20150208182450a40.jpg

2012年5月に初訪問以来、平日のランチタイムに何回か訪問させていただいているが、正直けっして良い立地とは言えないのに、相変わらず近隣の奥様グループやファミリー客の来店が多く、地域の人気店として定着している。1年ほど前に近隣の門戸商店街内(阪急門戸厄神駅近く)にチェーン店系のインド・ネパール料理店がオープンしたが、全く影響がない様子であった。

平日遅めのランチタイムに訪問させていただいたが、悪天候にもかかわらず、やはりこの日もほぼ8割方の入りという混み具合であった。オーナーに挨拶後、調理風景が見えるカウンター席に座らせていただき、調理の進捗状況を見ながら料理が供されるのを待った。

まずスターターとしてブラックペッパーが利いたチキンスープ。

DSC_0214.jpg

スープを飲んでいる間厨房をみているとフライパンで沸かしたお湯の中にディロの粉(そば粉を主体としたプレミックス粉?)を投入。かなり強く何回も練って「そばがき」状のディロを作っていた。しばらくして巨大なディロが乗せられたプレートが供された。

DSC_0225_20150208182444188.jpg

数年前、東京の上池袋にあったネパール家庭料理の店「味家」にて初めてディロをいただいて以来、関西でもディロが食べられないかと、大阪北浜「マナカマナ」や西宮「ナラヤニ」などのオーナーをそそのかして(笑)イベント等で供してもらったことはあったが、食材自体なかなか日本で入手しにくいことや一般的でないので、まさかアカーシュでいただけるとは思わなかった。
※ディロ(dhido):そば粉やトウモロコシ粉、ヒエ粉などをお湯で練ったもの。ネパール人にとっては「田舎の食べ物」とか「山の方で米が無いときに食べるもの」とかいう認識が強く、あまり良いイメージを持ってない方が多いようだ(特に都会出身者)。「レストランで供するものでは無い」という考え方が一般的であり、日本国内のネパール系レストランにおいてディロをレギュラーメニューに加えている店は数少ない。

DSC_0221_201502081757100d5.jpg

このディロセット(仮命名)はダルバートのごはん部分をディロに変えた感じで、ディロの他、サーグ、アルコアチャール、大根とキュウリの野菜スティック(チャートマサラがけ)、コルベラコアチャール。さらに正にネパールスタイルのチキンカレーである骨付きチキンが入ったスープ状のククラコマスという構成であった。ディロを少し指でちぎってククラコマスに付けたり掬ったりしていただいた(ディロは噛まずに飲みこむ)。ディロの量が半端無く多く(味家のディードセットの2倍以上!)全部食べられるか心配した(笑)がなんとか完食できた。後でオーナーに量が多いという感想を述べたところ、これが普段の賄いの量であるとのこと!そして価格は1,100円というリーズナブルさであった。

店を失礼する際にオーナーを少しお話をさせていただいたが、最近はお客さんからのリクエストによりレギュラーメニューとしてダルバートも始めたとのこと。ネパール人シェフの店であるが住宅街の「インド料理店」なので、私的にはダルバートとか無理にネパール料理をメニュー化するより、ポピュラーな北インド系の料理をブラッシュアップしていく方が集客に資すると考えていたが、当店の場合は、もともと北インド系料理のレベルが高いこと、常連のお客さんからダルバートのリクエストがあること、店のスタッフもやっつけでは無いレベルの高いダルバートを供する調理技術を持っていることなど、新しい客層を獲得するという意味でも、店として次の高いステージに登る時期が来たのではないかと感じた。

DSC_0226_20150208182446222.jpg

当店は西宮市内においても1、2を争う良いインド料理店であると思うが、立地が立地なのでその存在に気がついてない方も多いと思う。今後どのような店に発展していくのか?「美味しい北インド料理を供することができ、さらにお酒にも合うようなネパール料理も供することができる」という繁盛するインド・ネパール料理店の王道を進みつつあると思う。

アカーシュ



関連ランキング:インド料理 | 門戸厄神駅



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みつお★

Author:みつお★
自転車(主にロードバイク、時々折りたたみ)のこととエスニック料理(主にインド、パキスタン、ネパール)食べ歩きの記録です。勤務地が兵庫県西宮市なので、平日は西宮界隈、休日は大阪、神戸方面が多いです。時々関東方面もあり。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
NCC (7)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
訪問者数