「ネパール料理専門店」の看板に惑わされてはいけない@ネパールキッチン クマリ川西店(兵庫県川西市)

阪急川西能勢口駅、川西市役所近くにあるネパールキッチン クマリを休日のランチタイムに訪問。クマリは当地の他、一時期、川西多田店、豊中店、枚方店と多店舗展開したようであるが、現在は当地と枚方店の2店体制であるようだ。

DSC_0563.jpg

まず店に入ってみると、ランチタイムの少し遅い時間帯であったが、比較的多くのお客さんが来店されており賑わっていた。店内の様子を見てみると、座席配置や色目など和風居酒屋居抜きっぽい感じであった。

DSC_0556_201502281039064ca.jpg

メニュー表を見てみると看板には大きく「ネパール料理専門店」、HPにはネワール料理も供するようなことが書いてあったが実際は北インド系料理を中心とした何処にでもあるインネパ店であった。「ネパール料理専門店」であるので、ランチタイムでも現地っぽいダルバートがラインナップされているかと思ったが、特にそんなものは無く、ランチメニュー表に記載されているダルバートは、関西のインネパ店でよく見かけるダール、チキンチリ、アチャール、ライス、そしてなぜかナーンがセットされている「ネパールキッチン・カトマンドゥ系」であったので、仕方なくランチメニューの中からシンプルな「日替わりセット」税込810円をオーダー。カレーは日替わりの「チキンとかぼちゃ」であった。

まず野菜サラダ。

DSC_0543.jpg

メインのプレート。

DSC_0544.jpg

カレー自体は予想していたよりもネパール風のグレービーであったが、ナーンに合うように調整しているのか、無理に濃厚に仕上げている感じ。ナーンは可もなく不可もなく。また大根と人参のネパーリーアチャールが少し添えられていたが、これが一番おいしかった。

最後にチャイ。

DSC_0549_20150228103834da5.jpg

DSC_0555.jpg


来店されているお客さんはネパール料理とかよく分からないで食べていると思うけれど、当店に対して思うことは、まず「ネパール料理専門店」であるのならキッチリしたネパール料理を供して欲しいということ、そして「ネワール料理」を標榜するのであれば、アラカルトで「スングルブテコジブロ」などはラインナップしているものの看板メニューとなるべき「チャタモリ」や「バラ(ウォー)」「アルタマ」などもラインナップしてしかるべきということ。さらにチキンチリなどチャイニーズネパリーズをネワール料理と表示したりしないで欲しいということ。なぜかアラカルトで生春巻きなどベトナム料理をラインナップするなど、このお店は細分化されたジャンルを標榜する専門料理店で一番やってはいけないパターンをやってしまっていると思う。

DSC_0553.jpg


当店のような立地であれば、経営的に見て「ネパール料理専門店」という業種-業態でやっていけないことは明白であるので、ナーンやタンドリーチキンなど北インド系料理をメインにせざるを得ないのは分かるが、それならば北インド系の料理ははっきりインド料理として正統的なものを供して収益の柱とし、ネパール料理として誰もが納得できる「ダルバート」等をラインナップするべきである。「どうせ日本人は分からない」「日本人が大好きなナーンが付いてないセットなんか売れない」というのであれば、そもそも「ネパール料理専門店」という表示等は止めるべきで、普通に「インド・ネパール料理」で良いはずである。

「ネパール料理専門店」という看板に惑わされてはいけない。

※ネワール料理
カトマンズ盆地一帯に居住する民族でありカトマンズ先住民であるネワール族の料理。バリエーション豊富で美味しいことで有名。

DSC_0550_20150228103837cda.jpg


クマリ 川西店



関連ランキング:インド料理 | 川西能勢口駅川西池田駅絹延橋駅


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みつお★

Author:みつお★
自転車(主にロードバイク、時々折りたたみ)のこととエスニック料理(主にインド、パキスタン、ネパール)食べ歩きの記録です。勤務地が兵庫県西宮市なので、平日は西宮界隈、休日は大阪、神戸方面が多いです。時々関東方面もあり。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
NCC (7)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
訪問者数