『第19回インド料理食事会in京都~渡辺玲さんを囲んで~』@ナヤ・インディアヌール(京都市北区小山西)

京都市営地下鉄、鞍馬口・北大路近くのインド料理店ナヤ・インディアヌールで開催された、スパイス・カレー伝道師である渡辺玲先生を招いての食事会に参加させていただいた。

DSC_1488.jpg

例によって恒例のuさんによる乾杯の発声から。

DSC_1492.jpg

まずコリアンダーリーフたっぷりの豆スープから。

DSC_1496.jpg

これはライスにかけていただいても美味しそうであった(uさんはそうしていた)。

次にベジパコラと鯛のグリル。

DSC_1503.jpg

パコラの野菜(オクラなど)は、湯がいてから揚げているのかと思ったが、日本の野菜は柔らかいので生から揚げているらしい。さらに鯛のグリルは、ランチセットで供されるときはウエルダン仕上げであるが、食べてみるとミディアムな感じであった。当店は魚系のアラカルトメニューが多いのであるが、メニューによって意図的に焼き具合などを変化させているようだ。なお2種類供されたチャトニも同じ緑色であるが、材料や味が全然違うという芸の細かさであった。

DSC_1507.jpg

カレーは写真左から「チキンコルマ」、「鯛のチョチョリ」(身と内臓をほぐしてスパイスで炒めたもの)、「マチョリ・ジョール」(マスタード風味のブリ煮込みカレー)の3種類。さらパパド、マタルプラオ、そしてこちらのお店の看板ともいえる「ケララパロタ」。それぞれ個性的なものであった。

最後にデザートの手作りアイスクリーム。

DSC_1525.jpg

最後にオーナーシェフであるヌルール氏から料理の解説とあいさつがあった。ヌルール氏は当店の常連さん等によると普段は寡黙らしく、食事会の挨拶等でも言葉少な目であるらしいが、今回は常連さんや奥様が驚くくらい(笑)饒舌であった。

DSC_1529.jpg

京都のインド系料理店は、近年特にチェーン店系の出店が多く、街中どこにでもインド料理店があるような状態であるが、カジュアルなお店と当店のような個性的なお店に2極分化しているように思う。これは京都という特殊な市場性がそうさせていると思うが、この話を書くと非常に長くなるのでまたの機会に。

我々のようなマニアは当然個性的なお店に興味がある訳で、今後も新しい個性的な店を発見していきたいと思う。

DSC_1531.jpg


ナヤ インディア ヌール



関連ランキング:インド料理 | 鞍馬口駅北大路駅




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

みつお★

Author:みつお★
自転車(主にロードバイク、時々折りたたみ)のこととエスニック料理(主にインド、パキスタン、ネパール)食べ歩きの記録です。勤務地が兵庫県西宮市なので、平日は西宮界隈、休日は大阪、神戸方面が多いです。時々関東方面もあり。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
NCC (7)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
訪問者数