関西スリランカカレーブーム?この店を忘れていないか?@スリランカダイニング ワーサナ(大阪市福島区福島)

関西ではスリランカカレー(あくまでもスリランカ料理では無くてスリランカスタイルのカレーライス)がブームであるが、話題の中心はここ数年で相次いで新規開業したロッダグループであり、またセイロンカリーなどである。しかしスリランカ料理を語る際にこの店を忘れていないか?

DSC_1356.jpg

なぜ上記「新店」達がこれだけマスコミ等に取り上げられるのに、この「ストーリー」に満ちた(ここでは詳しく書かないが)老舗がほとんど話題に上らないのか?少し前まで関西、特に大阪でスリランカといえは「ワーサナ」であり、神戸では「コートロッヂ」(数年前に閉店)であった。

そういう疑問もあって、ある休日のランチタイムに久しぶりにJR福島駅近くのワーサナを訪問した。たぶん5年ぶりくらいか?

ランチメニューは以前訪問した時と少し変わっていて、カリーセット、ツインカレーセット、ワンプレートカレーランチの3種類となっていた。

DSC_2371.jpg

他の人気同業店では今やワンプレートスタイルがスリランカカレーの定番となっているが、写真を見る限り他同業店と比較して魅力的に映らないので、ツインカレーセットにエッグロティ(ワーサナといえばロティでしょう)をセットしてオーダーした。

DSC_2376.jpg

カレーはマトンとマグロ。ライスはかなり少な目でお得感はあまりない。通常はプレーンロティが1枚ついているが+100円でエッグロティを追加するとちょうど良い感じのポーションとなる。

DSC_2381.jpg

サラダ。

DSC_2373.jpg

なぜ関西スリランカカレーブームにおいて当店がほとんど話題に上らないのか?これは比較対象の中心となるワンプレートのセットが、他同業店と比較して弱すぎるからに他ならないと感じる。またネーミングも今一つ捻りがない印象。当店は老舗実力店であるので、やろうと思えばロッダクラスのワンプレートは簡単に供することができると思うので勿体ないような感じであるが、しかし「ワンプレート」に対するシェフ・ラッキーさんのコダワリというかプライドみたいなものがそうさせているような気がする。

先日、東京で青山の人気スリランカ料理店タップロボーンを訪問した時にも思ったのであるが、関西と関東の「スリランカ料理店」に対するお客さんの見方、および経営上のコンセプトの違いみたいなものが少し分かったような気がする。関東でスリランカ料理店のポジションは「民族料理」としての位置づけにあるが、関西では、「カレー屋」の中の1ジャンルと捉えている方が多いのではないだろうか?だからこそのスリランカブームではあると思う。この様な視点で他の南アジア系料理店を見ていくと、人気店とそうで無い店との違いが分かってくると思う。となると、特に大阪市内で南アジア系料理店を開業しようと思っている方は、どのようなコンセプトで店を作れば良いのか?だいたい分かると思う。


ワーサナ



関連ランキング:スリランカ料理 | 福島駅新福島駅西梅田駅






関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みつお★

Author:みつお★
自転車(主にロードバイク、時々折りたたみ)のこととエスニック料理(主にインド、パキスタン、ネパール)食べ歩きの記録です。勤務地が兵庫県西宮市なので、平日は西宮界隈、休日は大阪、神戸方面が多いです。時々関東方面もあり。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
NCC (7)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
訪問者数