安心のスビマハル系新店@ガンディーパレス(尼崎市久々知西町)

JR福知山線での通勤時、尼崎~塚口間で何気なく電車の窓から外を見ていると、インド国旗がはためいているのを発見。調べてみると2015年5月1日にオープンしたインド料理店「ガンディーパレス」であるということが分かり、後日確認のためランチタイムに訪問してみた。店は尼崎市久々知、毎年4月になるとJR福知山線脱線事故追悼特集で新聞等に掲載される「命」の畑近く、事故現場「エフュージョン尼崎」から南へ500mほど福知山線沿いに行ったあたりに立地している。自分としては珍しく自転車では無く車で現地に行ったのであるが、店の左側に駐車場も6台分ほど確保されており、車での訪問も苦にならない感じである。

DSC_2671_201506092249130ad.jpg

訪問前は、店の外観や看板等の様子から推測するとネパール系チェーン店から分離独立したイージーなネパール系テンプレート店かと思ったが、店内に入ってメニュー表やオーダーシステム等から推測すると、主に阪神間に多く展開する群馬県伊勢崎市発祥のインド系チェーン店スビマハル系一派「スビマハル、ガンガマハル、ミラマハル他」であると思われる。「スビマハル系」の特徴は、供されるメニューがランチ、ディナーともに同一であり、お得なセットものもあるけれど基本的には単品のカレーを選択すると自動的に「ナーンかライス」「サラダ」「ドリンク(ラッシーやチャイなどソフトドリンクの他、ビール等アルコール類も選択できる!!)」がセットされているという部分(こちらのお店では、より分かりやすいようにかメニュー表にカレー以外にサラダ、ナーン、ドリンクがセットされた状態の写真が使用されていた)であり、インド料理初心者にとっては非常に分かりやすいシステムとなっている。

DSC_2643.jpg

DSC_2644.jpg

DSC_2649.jpg

ボトムのセットが「チキンカレー」790円税込という、いかにも品質的にアレな感じのチキンを使用しているということが見え見えな設定であるので、エコノミーなインド料理店でも比較的まともな料理が供される確率の高い「ダールカレー」のセット810円税込を辛口でオーダーした。

まず最初にカトリに入れられた、どちらかというとネパール系インド料理店で散見される赤っぽいドレッシングが掛かったキャベツサラダが供された。

DSC_2650.jpg

その後カレーとナーンがターリーに乗せられて自分のテーブルに運ばれてきた。

DSC_2654.jpg

カレーは予想通り他の「スビマハル系」(スビマハル・ミラマハル)でいただいたものと同じスタイルのトゥールダール他数種類の豆がミックスされて煮崩れた状態のものでった。濃厚クリーミーながら、クリームの使用量が少ない(と思われる)ため、変に重くなくナーンに良く合うものであった。またナーンもクリスピーながらモッチリ感もあり、変に甘くないのでカレーによく合うタイプであった。カレー&ナーンを食べてみるとハッキリ「スビマハル系」店であると確信した。

DSC_2666.jpg

店名に「マハル」がついてないので、直系の「のれん分け店」では無いかもしれないが、他の「スビマハル系」と同様にチェーン店系にしては料理のクオリティも高く、訪問時も近隣在住と思われるママ友グループや男女カップル、家族連れなどで賑わっており、この微妙な立地にしては流行っている方ではないかと思う。

CN_2015_0531_1316_58.jpg

コックさんやフロア担当者等スタッフは、話している言葉などからネパール&インド混成っぽい感じがした。フロアー担当の2人(たぶんネパール人)は、接客において、まだ固さが抜けきれず、接客が各店とも抜群に良い他の「スビマハル系」と比較してイマイチな感じもするが、品質と価格のバランスがとれており、安心して利用できる店であると思う。

DSC_2669.jpg

DSC_2672.jpg


ガンディー パレス



関連ランキング:インド料理 | 尼崎駅(JR)


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みつお★

Author:みつお★
自転車(主にロードバイク、時々折りたたみ)のこととエスニック料理(主にインド、パキスタン、ネパール)食べ歩きの記録です。勤務地が兵庫県西宮市なので、平日は西宮界隈、休日は大阪、神戸方面が多いです。時々関東方面もあり。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
NCC (7)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
訪問者数