某チェーン店っぽいメニュー構成およびオーダーシステムながら、実は伊丹市西台タンドリーディライトの姉妹店(みたいな)@SHIWA(伊丹市南野)

2015年3月頃、公立学校共済組合近畿中央病院にほど近い伊丹市南野に新規オープンしたインド料理店SHIWA(シワ)を初訪問。店舗は道路(道意線)沿いのド派手な外観で良く目立つが、近隣に鉄道駅が無いため主な顧客層は近隣の住民であると思われる。

DSC_3096.jpg

店内に入ると、これまた赤を主体とした店外観と同じような派手なものであった。席はテーブル席のみで30席弱程度。席に着いてメニュー表を見てみると、アラカルトのカレーには自動的にナンかライス、サラダ、ドリンク(ビールなどアルコールもOK)がセットになっているという、主に阪神間で増殖しているチェーン店グループ「スビ・マハル」系のようなメニュー体系であった。しかし店に入る前に取ってきた店頭に置いてあるチラシを見て気がついた。赤を主体とした文字等がごちゃごちゃ多くて見難くいこのチラシデザインは、かつて同じような感想を持った伊丹市西台にあるインド料理店タンドリーディライトのメニュー表とほぼ同じようなものであった(たぶん同じ人が作成)。そしてフロアー担当の方も良く見てみると、タンドリーディライトのフロアーを担当しておられたのインド人の方であった。以上のようなことから、たぶんタンドリーディライトの姉妹店なのであろうと推測できる。

DSC_3070.jpg

DSC_3068.jpg

DSC_3069.jpg

この日の日替わりカレーはチキンとチャナ豆とジャガイモであったが、イモは食べたくなかったので、通常メニューの中からチキンとチャナ豆を辛口で、セットドリンクは原価の一番高いビール(プレミアムモルツ)をオーダーした。ビールをいただくと、かなりコストパフォーマンスが高くなるので有難い。ただ大阪某店などビールと称して第3のビール等を供する店もあるので要注意であるが。

DSC_3075.jpg

まずビールとパパド(ビールをオーダーしたからでは無く、全てのお客さんに供されているようであった)、サラダ。ビールは「プレミアムモルツ」の小ぶりなグラスで供された。そしてメインのカレーとナーンが席に運ばれてきた。

DSC_3081.jpg

カレーの味はスビ・マハル系と同等で、クオリティとしてはまずまずのもの。ただしナーンが前述したチェーン店系のものと比較して、幾分薄め・固めのもので、傾向としては姉妹店?のタンドリーディライトで供されているタイプに近いもの。しかし、いわゆる日本人が好む「ふわふわ・モチモチ」タイプではなかったので、このあたり一般ファミリーなど当店主力のお客さんはどう評価するのか?。

総合的な感想として、当店は立地から考えて近隣に大きく広がる住宅地の住民であるファミリー層を対象として、家族等の「小ハレ」食事の場として、価格とクオリティのバランスがとれており、安心して利用できる店であることは間違いない。ただ直接的な競合店ではないかもしれないが、尼宝線沿いの山田には同業店のスビマハル系インド料理店「ミラマハル」があり、私は訪問したことが無いが他のスビマハル系店と同等のクオリティであると仮定すると、店の広さ・駐車場の広さ・メニューの見やすさなどの部分で当店は多少劣るため、メニュー表およびナーンのクオリティ改善は喫緊の課題であると考えられる。


SHIWA



関連ランキング:インド料理 | 稲野駅新伊丹駅武庫之荘駅


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

みつお★

Author:みつお★
自転車(主にロードバイク、時々折りたたみ)のこととエスニック料理(主にインド、パキスタン、ネパール)食べ歩きの記録です。勤務地が兵庫県西宮市なので、平日は西宮界隈、休日は大阪、神戸方面が多いです。時々関東方面もあり。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
NCC (7)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
訪問者数