東京日本橋タワーB1飲食街にオープン。本格スリランカ料理店KANDY(東京都中央区日本橋)

7/3~5、一足早い夏休みを取得して、東京方面へ調査に出かけた。
まず住友不動産株式会社が、2015年6月29日(月)に交通の要衝である日本橋交差点角に大同生命保険株式会社をはじめ、複数の共同事業者と開発を進めている大規模複合開発「日本橋二丁目地区北地区」計画の中核である「東京日本橋タワー」地下1階の飲食店舗ゾーンにオープンしたスリランカ料理店KANDYへ金曜日のランチタイムに訪問した。

DSC_3469.jpg

東京日本橋タワー飲食店舗ゾーン」は、ビルで働く人から街に訪れる人まで、日本橋らしい品格のある和食、本格的な異国料理、和の要素を採り入れたカフェなどが楽しめる店舗を配置し、伝統を継承しつつ、そこに新たなエッセンスを融合させた“新化”した“食のスタイル”を発信していくというのがコンセプトとのこと。いま一つ具体的な「新化した食のスタイル」の意味が分からないが、とにかく出店店舗は「東京日本橋らしい格式を重んじた」店を集めたらしいことは分かる。

DSC_3441.jpg

さて当店「KANDY(キャンディ)」は、電子部品輸出入販売のVK Holdings(本社は神奈川県川崎市川崎区宮前町であったが、2015年6月に当日本橋に移転している。またシンガポールや香港にも現地法人があるが、設立年から見て、もしかしたら実際はシンガポールが本社なのかもしれない。当社は白色LEDや電解コンデンサなどの現地ローカル部品を日系の各ユーザに販売することをビジネスにしているとのこと)が経営している。なぜ電子部品輸出入販売会社が自らのコアコンピタンスでないスリランカ料理店をオープンさせたかが謎であるが、どうも当社代表取締役とスリランカとの関係の始まりは仏教の活動を通じた友好関係・文化交流かららしい。なお当店はアブダビヒルトンホテルUAE6スターホテル経験のシェフが作る本格スリランカ料理店とのこと。当店をオープンして飲食業に参入する際、飲食業経営のノウハウが無いためか、運営等については某ホテル系の飲食コンサルに指導を受けているようだ。

DSC_3444.jpg

ランチタイムのラインナップについては、週末はバフェ方式らしいが、平日はカレーセット4種(野菜、玉子、チキン、魚)が主体であった。今回はチキンカレー(ククルマス・ヴェンジャナ)のセットにパリップ(ココナツミルクを使用した豆カレー)を追加していただいた。辛さについては食材によって最適な辛さがあるので、辛さの調整等は特にできないようである。

DSC_3454.jpg

チキンカレー、パリップとも流石にツナ・パハ(ローステッドスパイス)、ランぺなどスリランカ独特のスパイス等を使用して伝統的な調理法に基づいたホテル系の丁寧な調理により味、香りとも素晴らしいものであった。ライスは長粒米というか中粒米(タイ米?)を使用しており、カレーに馴染むものであった。なおライスには、ポルサンボル(ココナッツふりかけ?)、メニューにはマッルンと書いてあったがキャベツのテルダーラ(だと思う)、チャツネ(甘い)、パパダムなどが添えられていた。

DSC_3460.jpg

あとデザートとしてワタラッパンとココナツクッキー、そして紅茶(1835年創業のジョージ・スチュアートのティーバック(アールグレイかブレックファストか選択)とお湯入りのガラス製マグで供された)もセットとなっており、追加パリップの料金を加算して1,610円税込は、大阪でロッダグループ(ヌワラカデ含む)やセイロンカリー、ラサハラ、シーギリヤなどのスリランカ料理店で食べなれた身にとっては、少し割高に感じる(当店HPによると現在は開店特別感謝価格だそうで、今後値上げの可能性あり)が、これは場所柄や店の雰囲気、接客などから考えると致し方ないと思う。

DSC_3462.jpg

たぶんオープンからしばらくは、物珍しさなどから多くのお客さんが訪れると思うが、今後継続していくためには、店のファンを如何に増やしていくかが課題であると思う。一般人が日本橋において食事をする際に、わざわざ一般的に馴染みの薄いスリランカ料理を選択していただくためには何かアドバンテージ的なものが必要であると思うが、それは何なのか?残念ながら私には分からない。ディナータイムはコースや各種アラカルト料理による食事の他、スリランカ料理でお酒(当然アラックなどスリランカのお酒もいただける)などを楽しめるようであるが、ただし前述した在大阪スリランカ料理店の標準的価格より30%程度高いので、特に関西在住者で訪問してみたいと思っている方は要注意である。


KANDY



関連ランキング:スリランカ料理 | 日本橋駅三越前駅茅場町駅



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みつお★

Author:みつお★
自転車(主にロードバイク、時々折りたたみ)のこととエスニック料理(主にインド、パキスタン、ネパール)食べ歩きの記録です。勤務地が兵庫県西宮市なので、平日は西宮界隈、休日は大阪、神戸方面が多いです。時々関東方面もあり。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
NCC (7)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
訪問者数