本来「店の強み」となるべき部分が「店の弱み」となってしまっている感あり@ブライトインディア(兵庫県西宮市六湛寺町)

2015.10.13兵庫県西宮市、国道2号線と市役所前線交差点あたり、ドン・キホーテ西宮店とクライスラーのディーラーの間、籠辰ビル1階にオープンしたインド料理店ブライトインディアをオープン初日に訪問した。普段、店のオープン初日に訪問するということはほぼ無いのだけれども、今回はどうせすぐ近隣某役所関係者からどんな感じの店か聞かれるに違いないと思ったので、職場に近いこともありチャレンジャーの気持ちで思い切ってランチタイムの一番忙しい時間帯に訪問してみた。

DSC_5353.jpg

店に入ると、全テーブルともお客さんで埋まっていたものの入店待ちの行列などは無く、4人掛け席に1人で座っている方もおられるなど思ったほど混雑していない様子であったので店に入ってすぐに席に着くことができたが、日本人女性のウエイトレスが水やおしぼりを持ってこられ、オーダーするまでに10分ほど待つこととなった(この時すでに厨房内では何か問題が発生していたようだ)。ランチタイムメニューは、京阪神に多く存在するネパール系チェーン店等と同じようなラインナップで、カレーライスセット700円税込や1種類のカレー、ナーン、サラダ、スープ、ドリンクがセットとなった800円税込、カレー3種類、チーズナーンなど変わりナーン?やタンドリーチキンなど焼物などがセットとなった1,550円のものまで5種類、さらにこの店の性格を表している「お子様ランチ」550円税込も用意されている。

DSC_5346_20151027220400e38.jpg

DSC_5347_2015102722040394b.jpg

なおこのような北インドのホテル系料理をイメージしたタイプのお店はだいたいどの店も同じようなメニュー構成とならざるを得ないのだけれど、ランチタイムのメニュー表を見て、こちらのお店の強みとなる部分、他の同業店と差別化されている部分を発見した。それは通常同業他店ではランチタイムに選択できるカレーはチキンカレー、キーマカレー、野菜カレー、日替わりカレーなど3~4種類程度から選択するようになっていることが多いが、こちらのお店では珍しく10種類(日替わり、ベジタブル、チキン、キーマ、豆とほうれん草、かぼちゃ、ポーク、シーフード、キーマナス、マトン)から選択できるようになっているということ。当地のように平日のランチタイムにお客さんが集中し、なおかつ昼休み時間が限られているため配膳までの時間を極力短くして客回転を高める必要があるサラリーマンなどが多いオフィス街では非常に画期的でチャレンジャーな施策である。今回はAセット、選べる10種類の中から「キーマベイガン(キーマナス)」辛口でオーダーした。

その後、各テーブルのお客さんを見てみると、数人の方を除いてほとんど料理が出ていなかったので、何かヤバい状況を感じたものの腹をくくって店内の様子を観察しつつ料理が供されるのを待つことにした。結局店に入ってから40分程度かかって料理が供されたが私などはまだマシな方で、他のお客さんの中には昼休み時間の関係上ほとんど食事できなかった方やしびれを切らして店を出た方もおられるなど酷い有様であった。新店オープンという「めでたい日」であるのにこんなことで「アンチファン」が増えなければいいのだが・・・

まずサラダ。

DSC_1404.jpg

スープ。

DSC_1415.jpg

本体。

DSC_1413_2015102722104182e.jpg

料理自体は、スキルの低いコックが作るイージーなものと違って、予想していたよりもしっかりした調理スキルを持ったコックが調理したようなキーマベイガン(逆にそういう調理をするので時間がかかってしまったということもある)で、ランチタイムに供されるカレーとしては比較的高いクオリティであると感じた。ナーンも少し焦げ目が気になったがクリスピータイプの食感が良いもの(であるがたぶんバイオレット使用)であった。スープは業務用トマトペーストを使ったイージーなタイプ。サラダはキャベツ、水菜、大根、コーンなどのミックスでドレッシングはマヨネーズベース、ラッシーは比較的濃厚なタイプで好感が持てた。

ラッシー。

DSC_1406.jpg

チラシ提示でサービスのアイスクリームをGet。

DSC_5348.jpg

総合的な印象としては店づくりやランチタイムのメニュー構成などは典型的な京阪神に多く出店している代表的なネパール系巨大チェーン店系と同じ感じであったものの、業界情報筋によると当店はインド人2人の共同経営で、厨房もインド人コックで固めているという今となっては珍しいタイプの店らしい(インド人コックのインド料理店が珍しいというのもなんだかなーという感じであるが)。

最終的に食事を終えて(サービスで供されるデザートのアイスクリームもしっかりいただきました)店を出るまでほぼ1時間を費やしてしまった。

DSC_1403_2015102722103658e.jpg


なお厨房機器や電源等のトラブルは論外として、そんなに無茶苦茶混んでないのに何がこういう状況を生み出したのか?何がボトルネックとなっていたのだろうか?今回の事態を分析してみると、結論としては上記した本来当店の強みであるはずの「ランチタイムに10種類のカレーから選択しオーダーできる」という部分にあるのではないだろうか?

つまり辛さの程度5段階という選択幅を加えた場合、担当コックは10×5=50種類!のカレーを忙しいランチタイムにそれも少量づつをハイスピードで調理しないといけないのである。オーダーが多いと思われる日替わりやチキンはあらかじめ大量に作り置きしておくにしても、これはコックさんにとってかなり過酷なことではないだろうか?店の経営者がこれに気がついて、オペレーションを改善することによって素早く料理を供することができるようになると判断するならそれはそれで良い(料理のクオリティは低下すると思う)けれど「無理」と判断するのであれば、たぶんいずれ近いうちに「チキン、キーマ、野菜、日替り(チキンと何か(笑))の4種から選択」とかになるのではないかと予想する。

あと当店の立地は、国道沿いですぐ横にドン・キホーテという集客施設があり(駐車場もね(笑))、近隣に官公庁や企業オフィスが多いなど平日のランチタイムはある程度来店客数を見込めるけれど、土日祝日と夜は人通りが少なくなり集客に苦労するという特徴があるので、本来なら来店客数が少な目であると思われる10月10日(土)あたりからソフトに営業を始めて、日曜日、そして祭日の月曜日で慣らしていき、お客さんが12:00~13:00に集中して混雑する平日に備えるというのがセオリーだと思うけれど、実際のところ当地周辺のランチ需要動向等あまり考慮していないような営業をされており驚きを隠しえない。

DSC_5349.jpg

最後に周辺の需要動向について、近隣飲食店の状況を見れば分かるように、安定的に継続して飲食店を経営するには比較的厳しい場所であるということを付け加えたい。

ブライトインディア



関連ランキング:インド料理 | 西宮駅(阪神)西宮駅(JR)今津駅(阪急)


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みつお★

Author:みつお★
自転車(主にロードバイク、時々折りたたみ)のこととエスニック料理(主にインド、パキスタン、ネパール)食べ歩きの記録です。勤務地が兵庫県西宮市なので、平日は西宮界隈、休日は大阪、神戸方面が多いです。時々関東方面もあり。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
NCC (7)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
訪問者数