大阪・JR京橋駅、OBP近くに新規オープン@スリヤ(大阪市都島区片町)

大阪ビジネスパーク(OBP)の寝屋川を挟んだ北側の片町に2015年7月12日オープンしたインド人経営者によるインド料理店スリヤ(チラシには「スーリヤ」あるいは「スーリャ」という2種類の表記も見られるが、看板には大きく「スリヤ」と書いてあるので「スリヤ」が正解なのだと思う。なおネット新聞「京橋経済新聞」の記事では「スーリヤ」という表記であるものの、リンクしている某ログの口コミは、数年前にOBP内で営業していた「スーリヤ」という同店名の既に閉店している店となっており、記者が何か勘違いしている模様。)を休日のランチタイムに訪問。当店は大阪谷町の象印マホービン近くにあるインド料理店「ラクシュミー」の共同経営者が単独で出店した店らしい。

DSC_5657.jpg

店外観はスッキリしたモダンな感じで、インド料理特有(笑)の怪しい雰囲気は無いので特にインド料理にコダワリの無い近隣ビジネスマンの他、OLさんなど女性でも入り易い雰囲気である。店内に入ると店内も民族色は薄く(「異国情緒あふれる店内」が好みの方は不満かもしれないが(笑))、赤白チェックのテーブルクロスなどカジュアルな西洋料理店といっても通用するような店づくりをされていた。店もこの手の店には珍しくテーブル席のみ60席という広さであった(広すぎないか?)。

DSC_5643.jpg

DSC_5644.jpg

ランチタイムのメニュー表を見てみると、「ラクシュミー」とほぼ同様で、ナーンは1枚のみ無料で追加できるとのことであった。今回は日替わりセット750円(カレーはキーマベイガン(キーマ&ナス)を辛口でオーダー)。ドリンクはセットされておらず別途150円であったので止めておいた(店的には「マクドナルド」などと同じように、原価率の低い粗利の取れるドリンクもオーダーしてもらって計900円である程度の利益が取れるのだと思うのですが。と考えると決してリーズナブルな価格設定ではない)。

DSC_5646.jpg

しばらくして席に運ばれてきたセットは、これまたラクシュミーと同じく、皿の上にナーン、カトリに入れられたサラダ、カダイにてカレーという構成。もしかしたら一般的な日本人のお客さんは、この供された形のまま食べ始める方が多いのではないかと思われるが、こういう場合、カトリとカダイは外に出して、皿の上にはナーンだけにして食べた方が食べ易いので注意したい。カレーはたぶんチキンであろうと思われるキーマ、および揚げナス、グレービーの作り方など某ネパール系チェーン店などと違って標準的な北インドレストラン系でキーマに合うフライドオニオンなどを加えたコクのあるものであったので、まずまず美味しくいただけた。ナーンも比較的モチモチタイプで日本人が好むタイプのものであった。

DSC_5645.jpg

また少し(というか、かなり)気になったのが、店内のすっきりしたモダンなデザインに比べて、店の看板があまりにもやっつけ仕事的で安っぽい印象なことで、せっかくの好印象なお店であるのに非常に残念であるしもったいない(もしかして看板の店名を書き間違えているということはないでしょうね?本当の店の名前は何なのだろう?)。

スリヤ



関連ランキング:インド料理 | 大阪ビジネスパーク駅京橋駅大阪城北詰駅


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みつお★

Author:みつお★
自転車(主にロードバイク、時々折りたたみ)のこととエスニック料理(主にインド、パキスタン、ネパール)食べ歩きの記録です。勤務地が兵庫県西宮市なので、平日は西宮界隈、休日は大阪、神戸方面が多いです。時々関東方面もあり。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
NCC (7)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
訪問者数