京大生御用達。ボリュームたっぷりでリーズナブルなインドカレー店@マハカレー(京都市左京区浄土寺西田町)

以前、京都大学方面から今出川通りを銀閣寺方面(東)に向けて歩いていた時に発見。京大農学部近くのインド料理店ぴっぱら(非常に良心的で高品質低価格な店であるが、ちょっとクセが強いので要注意)訪問後にハシゴした。

DSC_8628_20160103103004f99.jpg

当店は京都市営バス北白川バス停の近くに立地しており、外観は京町家の風情で店内に入ると見事にリノベーションされているという、京都において最近増えてきているスタイルの店舗であった(店の造りからすると焼き鳥屋か串揚げ屋居抜きっぽい)。1階はカウンター中心で、テーブル席も1席(4人掛け)だけある。なお2階にも客席があるようだ。店スタッフはネパール人のご夫婦2人の様子であった。

DSC_8614.jpg

メニュー表を見てみると、カレー、ナーンorライス、サラダのセット590円からと市内同業店と比較して非常にリーズナブルな印象。京都大学に近いということもあり、さすがの学生価格であった。今回は基本的なセットにチキンティッカとドリンクが追加されたBセット880円をカレーはチキンか日替わり(この日は野菜)の2択であったのでチキンカレー辛口でオーダー。

DSC_8618.jpg

カレーは典型的な玉ねぎベースで仕上げに牛乳を投入したマッタリしたインネパカレーであったが量タップリ、チキンティッカは焼き具合も良く、ジューシーで食べ応えがあった。ナーンはどちらかというとフワモチタイプに近く、甘み控えめで最も日本人が好む食感であった。

DSC_8624_2016010310293149d.jpg

食後にいただいたチャイも量多め(他のお客さんが飲んでいたラッシーも量多め)で、飲み応えがあった。ポーション的には学生に対応してガッツリ多めのようである。

DSC_8625_20160103102930159.jpg

なお後日当店のことを調べてみると、当店はもともと滋賀県の雄琴港にあった老舗の喫茶店がルーツのようで、経営者が息子さんに事業承継する際になぜかインド料理店として業種変更したようだ。その後に京都市右京区山之内宮前町のデリバリー&テイクアウトを中心としたハンバーガーショップであるマルフクバーガー併設にてマハカレーをオープン(同経営?)。その後マハカレー京都店および雄琴の店を閉めて当地に移転集約し2014年2月に再オープンしたようである。当店でもデリバーリーをやっているようであるが、配達エリアは当地近隣のみであると思われる。

DSC_8626.jpg

鉄道駅から遠いこともあり、当店の主なお客さんは近隣の京大生であると思うけれど、入店時、8割程度の込み具合で、お客さんはほぼ京大生らしき若い方ばかりであったので、たぶん出店の狙い通り京大生には人気が高いようである。なおご子息が京都大学に通われている関西カレー界?の某大御所からの情報として「息子によるとマハカレーは京大生に大人気、ぴっぱらは怖いので先輩と一緒でないと行けない」とのことであった

MAHA



関連ランキング:インド料理 | 元田中駅



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みつお★

Author:みつお★
自転車(主にロードバイク、時々折りたたみ)のこととエスニック料理(主にインド、パキスタン、ネパール)食べ歩きの記録です。勤務地が兵庫県西宮市なので、平日は西宮界隈、休日は大阪、神戸方面が多いです。時々関東方面もあり。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
NCC (7)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
訪問者数