阪急西宮ガーデンズ・フードコート(兵庫県西宮市)に海南チキンライスの店(アジア食堂 新嘉坡鶏飯)が登場!

阪神間で絶大な人気を誇る阪急西宮ガーデンズ(兵庫県西宮市、阪急西宮北口駅南東。西宮球場跡地)1階フードコート内にシンガポールの人気屋台料理である海南鶏飯(チキンライス)をいただける店ができた。フードコート内店舗の一部リニューアルに伴い7/26に他の3店とともにオープンしたもの。
 

 
このフードコートは(株)クリエイトレストランツ・ホールディングス(以下CR)(東証マザーズ上場3387、現社長が三菱商事出身ということもあり三菱商事系であったが近い将来の東証上場に備え、平成24年に三菱商事株式会社が持つ全株式を自己株式の公開買付けにより取得して償却している。)の関連会社である(株)クリエイト・レストランツ直営によるもの。CRのコアコンピタンスは「社内で蓄積した様々なレストランオペレーションのデータを科学的に分析し、時代が求める新しい業態やブランドの創造を行う力(Creation力)」であるという。商業施設デベロッパー等と設計段階からの情報交換により飲食ゾーンの価値を高めてお客様の支持を得るための提案・プロデュースを行っており、単一ブランドの展開では無く立地特性に合わせた様々な業態を開発し、多様なブランドを展開していくというビジネスモデルである。また中国(上海)、香港、シンガポール等、現地企業との合弁等により発展著しい東アジア、東南アジア方面へも進出しており、その中でこういった東南アジア系のトレンドやメニュー開発、業態開発についてのノウハウを得たのであろう。この「新嘉坡鶏飯」というブランドは、御殿場アウトレット店、クイーンズ伊勢丹横浜についで、阪急西宮ガーデンズ店で3箇所目の展開であり、CRのポートフォリオによると「郊外」「日常」となっており、この商業施設のフードコート特性にもピタリとハマっている。
 

 
料理のオーダーについては、普通のフードコートと同じように「新嘉坡鶏飯」のコーナーで行い先に支払いを済ます。価格は690円。チキンライスの他、フオー、ガパオライス、グリーンカレーなど、ベトナム、タイの料理もラインナップしている(チキンライス以外については後述)。オーダー後、ブザーを渡されて料理が出来上がるとブザーが鳴って知らされるのでカウンターに取りに行くようなシステムになっている。
 


さて肝心の料理であるがチキンの処理もうまくできており(ツヤツヤ、プリプリ感はあまり無いけれども)、供されるときに油系のタレのようなもの(もしかしたら白ゴマ油系?)をかけているので、見た目は艶っぽく美味しく見え、茹で具合もいい感じである。またライスもチキンスープにて炊き込まれたタイ米であり、その香り、パラパラ感も充分納得できるものである。タレはダークソイソースとスウィートチリソースの2種類。できればあと1種類ジンジャー系タレが欲しいところである。しかしフードコートでいただく海南鶏飯としてはなかなかいい感じである。
 

 
 

 
 

 
他のメニューについては、知人が同じ時期に訪問してガパオライスを喫食しているが、ガパオ入ってない?いろいろ具材が入った日本向アレンジ、ライスが海南鶏飯と同じチキンライス??という意味不明なものらしく、グリーンカレー(これもライスはチキンライスのようだ??)を始め、その他のメニューも推して知るべしである。
 

 
それはさておき、海南鶏飯(ブランド名、メニュー名は「新嘉坡鶏飯」であるが)を現地と同じようにフードコートでいただけるということ自体が素晴らしく、これによってこの料理がもっとポピュラーになることを望んでおります。
 

 
アジア食堂 新嘉坡鶏飯(阪急西宮ガーデンズ・フードコート内)
兵庫県西宮市高松町14-2 阪急西宮ガーデンズ 1F
 
 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みつお★

Author:みつお★
自転車(主にロードバイク、時々折りたたみ)のこととエスニック料理(主にインド、パキスタン、ネパール)食べ歩きの記録です。勤務地が兵庫県西宮市なので、平日は西宮界隈、休日は大阪、神戸方面が多いです。時々関東方面もあり。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
NCC (7)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
訪問者数