京都太秦広隆寺前、ハラール対応マレーシア料理店「わでぃはな」でロティチャナイ

東映太秦映画村で有名な京都太秦(うずまさ)にマレーシア料理店がオープンしたことを知り、休日のランチタイムに訪問してみた。

お店は嵐電(京福電鉄)太秦広隆寺駅降りてすぐ、ちょうど三条通沿い広隆寺の南大門正面あたりにあった。

DSC_0484.jpg

店の外観はモロに日本風。後日調べたところ、京料理店居抜きであるようだ。

店内ももちろん和風。

DSC_0455_20160217230447e0c.jpg

客席は1階の他に2階もあり、基本的には座敷であるが、1階に少々あるテーブル席に座らせていただいた。

DSC_0456.jpg

ランチョンマットはマレーシア風。

席に座って早速メニュー表を見てみると、ナシレマやナシゴレン、ムルタバ、イーミーなど、まさにガチなマレーシア料理の数々がラインナップされていた!また当店はハラール対応ということもあり、イスラム教徒の観光客をターゲットにしているためか、ステーキやパスタなどの洋食、また一部そうめんやうどんなどもラインナップされていた!なおフロアー担当の日本人女性によると、厨房スタッフは全員マレーシア人なのだそうだ。

DSC_0464.jpg

DSC_0465.jpg

DSC_0459_2016021723494079f.jpg

DSC_0461_20160217234944444.jpg

DSC_0458.jpg

今回は、この後にハシゴを予定していたため、軽めにロティチャナイをオーダーした。

DSC_0467.jpg

供された料理は、まさにマレーシアレシピのココナツミルク風味ジャガイモ入りチキンカレーおよび、いわゆる南インド料理の味噌汁的なサンバル(サンバー)。チキンカレーはマイルドでロティによく馴染んで美味しい。サンバル(サンバー)もジャガイモ、人参、オクラなど具だくさんで予想以上にクオリティの高いものであった。ロティも非常に食感が良いもの。

DSC_0474.jpg

DSC_0472.jpg

DSC_0470.jpg

和風っぽい印象の店舗でちょっとミスマッチかと思ったけれど、料理自体は予想以上に本格的なものなので驚いた。当店はどうもマレーシアに本店のあるお店の日本支店のような位置づけらしい。

京都はマレーシアを始めとしたイスラム教徒の観光客も増えているようであるので、そのあたり需要が見込めるということで京都に出店したのだろうか?しかしなぜ太秦なのかという疑問が残るが・・

DSC_0481.jpg

なおナシレマも非常に気になったので、次回訪問時はナシレマを是非いただきたいと思います。

わでぃはな



関連ランキング:東南アジア料理(その他) | 太秦広隆寺駅蚕ノ社駅帷子ノ辻駅





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みつお★

Author:みつお★
自転車(主にロードバイク、時々折りたたみ)のこととエスニック料理(主にインド、パキスタン、ネパール)食べ歩きの記録です。勤務地が兵庫県西宮市なので、平日は西宮界隈、休日は大阪、神戸方面が多いです。時々関東方面もあり。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
NCC (7)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
訪問者数