京都太秦大映通り商店街、大魔神前インド料理ダルマサラでロティ。

マレーシア料理わでぃはなで軽くロティチャナイをいただいたあと、嵐電太秦広隆寺駅西側に続く大映通り商店街内の大魔神像前にあるインド料理ダルマサラを訪問した。

DSC_0543_20160220103952759.jpg

「大魔神」とは、1966年(昭和41年)に大映が製作・公開した日本映画の特撮時代劇シリーズ三部作、またその劇中に登場する守護神(神としての正式な名称は阿羅羯磨(あらかつま)らしい)である。

DSC_0523.jpg

また大魔神は太秦にあった今は無き大映京都撮影所で撮影された特撮時代劇で、大映を代表する作品である。この像は映画イベント用に地元の美術会社により製作され、倉庫に眠っていたものを商店街振興組合が「映画という地域資源を通して地域の人と人がつながり、交流の輪が広がっていく場所として、商店街の活気を取り戻したい」「キネマのまち太秦のシンボルに」と修復して商店街内のスーパーにっさんクオレ太秦前に設置したもの。

さて店内にはいると満席ということで、少し待ってカウンター席に座らせていただいた。店内はオシャレな感じで客席は1階の他2階にもあるようで、休日のランチタイムに満席という地域で人気のインド料理店であるようだ。当店については、「通販でカレーを購入した」みたいな情報しか無くて実態が良く分からないながら、ランチタイムのセットはナーンの他にロティも選択することができるという情報を見て興味を持った次第である。

DSC_0499.jpg

Aセットを日替わりのチキン&そら豆カレーでロティを選択して辛口でオーダーした。

DSC_0500.jpg

まずコーンサラダ。おしぼりが京都らしい(笑)

少し待ってカレーとロティ登場。

DSC_0508.jpg

カレーは辛さをチリパウダーで調整しているようであったが、ランチのカレーとしてはまずまず。ロティはアーターだけでなく、マイダも混ぜているような感じで、ギーがたっぷり塗られていた。

最後にチャイ。

DSC_0512.jpg

ランチの通常メニューでロティを選択できるというのは珍しく、店づくりや接客などを含めて、こだわりをもった非常に意欲的な良いお店であるという印象であった。

DSC_0513.jpg



DSC_0518.jpg

DSC_0496.jpg


ダルマサラ



関連ランキング:インド料理 | 帷子ノ辻駅太秦駅(JR)有栖川駅



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みつお★

Author:みつお★
自転車(主にロードバイク、時々折りたたみ)のこととエスニック料理(主にインド、パキスタン、ネパール)食べ歩きの記録です。勤務地が兵庫県西宮市なので、平日は西宮界隈、休日は大阪、神戸方面が多いです。時々関東方面もあり。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
NCC (7)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
訪問者数