尼崎にネパール居酒屋誕生!ハーブ&スパイス ベイリーフ

阪神尼崎駅南の尼崎信用金庫本店近くにオープンしたばかりのネパール料理とスパイスカレーの店、ベイリーフをディナー(というか居酒屋タイム)に初訪問。

DSC_2848.jpg

当店は、大阪で数店舗展開するネパール系店オアシスカフェの実験的新業態店である。以前当店社長と話す機会が何回かあって、「東京方面ではネパール居酒屋業態が徐々に定着しつつあるみたいですよ」とか「インド料理店やネパール料理店でも大阪スパイスカレーみないなカレーをやれば人気が出るのではないですか?」とか「ねぱりこちゅろ(大阪・大国町にあった、当店経営の時代を先取りし過ぎた伝説的なダルバート専門店)みたいな店はもうやらないのですか?」とかいう会話をしたことを覚えているが、まさに当店はそれらの会話をミックスして具現化されたような(笑)お店であった。

とりあえずオープン直後で、まだメニューなども暫定的であったが、ビールを飲みながらアテ的なものをいただいた。

DSC_2802.jpg

DSC_2812.jpg

DSC_2813.jpg

まず生ビール。

DSC_2804.jpg

カジャセット。

DSC_2820.jpg

スクティ。

DSC_2814.jpg

モモ。

DSC_2827.jpg

アルコアチャール。

DSC_2808.jpg

パラタ。

DSC_2833_20160531233053782.jpg

食後にチヤをサービスしていただいた。

DSC_2841_20160531233021efa.jpg

きれいな店内。

DSC_2838.jpg

感想としては、ネパール料理店としては、非常に先進的なアプローチをされており、夜はアテ系メニューが多く、ネパール居酒屋として充分使える店であると思うけれど、阪神尼崎駅南という出店立地からみて、料理のポーションと価格のバランスが悪い(ハッキリ言うと量が少なくてお得感が無い)ため、近隣住民等の支持を得られるか少し疑問な部分がある(今回の同行者も同意見)。もっと大盛するか価格をもっと下げるべきであると思う。店スタッフもイマイチこの新業態に慣れてないみたいなので、店のスタイルが確立されるまで、今しばらく時間が必要であると思う。


ハーブ&スパイス ベイリーフ



関連ランキング:居酒屋 | 尼崎駅(阪神)大物駅出屋敷駅














関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みつお★

Author:みつお★
自転車(主にロードバイク、時々折りたたみ)のこととエスニック料理(主にインド、パキスタン、ネパール)食べ歩きの記録です。勤務地が兵庫県西宮市なので、平日は西宮界隈、休日は大阪、神戸方面が多いです。時々関東方面もあり。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
NCC (7)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
訪問者数