近隣インネパ店とはちょっと違う本格パキスタン料理店@レッドチリ(神戸市東灘区御影本町)

2016年3月頃?阪神御影駅にほど近いロードサイドにオープンしたパキスタン料理店レッドチリを初訪問。

DSC_4003.jpg

当地はもともと日本国内では横浜でインド料理店を経営している他、ドバイやロシア関係のビジネスを展開している企業の関西支店的なシタールというハラール対応インド料理店であったが、近隣に一般的な日本人の味覚に合わせたインド料理をリーズナブルに供して人気のあるネパール系インド料理店ディルクスがあること等により、数か月という短期間で閉店(2016.2頃閉店?)している。その後、跡地にほぼ居抜きにて、神戸でスパイスショップを経営するパキスタン人がハラール対応の当店をオープンさせたという経緯らしい。

当店はロードサイドという立地ながら、店外観は全体に黒っぽくて目立ち難くで何の店なのかよく分からないし、さらに近寄って見ても「ASIAN RESTAURANT」と書いてあるなど、どんなジャンルの飲食店かよく分からないという決定的な欠点がある。さら「レッドチリ」という店名や黒っぽい外観から、当初は私もバーなどお酒中心のお店ではないかと見間違えるほどの印象であった。

DSC_3978.jpg

さて店内に入ると以前のお店と内装等ほぼ同じで、席配置も同じくカウンター席とテーブル席があったが、入り口入ってすぐのところに席があるなど、ちょっと無理に詰め込んでいる感じ。テーブル席に座らせていただき、ランチのメニュー表を見てみると、ナーン&カレーに焼物が付いたセット、本格的な炊き込みスタイルのビリヤニなど一目でパキスタン系と分かる料理の他、ケバブ&ライスなアラブ料理などもラインナップしていた。価格は近隣のネパール系インド料理店と比較して、少し安めの設定としているようだ。店スタッフはパキスタン人男性2名。

DSC_3979.jpg

今回はカレー2種とナーン、チキンティッカ、サラダ、ドリンクという850円のBセットをオーダー。カレーはチキン、キーマ、野菜、豆の4種類から2種類を選択できたので、キーマと豆をお願いした。ドリンクはラッシーを。

DSC_3984.jpg

まずゴマドレがけのサラダのあと、日本人向けに迎合した涙型ではなくパキスタン料理店らしい丸い形のナーンの他、カレー2種が供された。ナーンは薄めのクリスピータイプでギーが塗られていた。

DSC_3998_20160727232837d63.jpg

そして驚いたのがカレーで、キーマは巷のインネパ店などでよく見かける、ドロッとした茹で玉ねぎ系グレービーの中に微かに鶏ミンチが入っているというイージーでケチっぽいものではなく、粗挽き鶏ミンチを生姜、ニンニク、玉ねぎをベースとしたマサラによりドライに仕上げたグリーンピース入りというガチなパキスタンスタイルのキーママタルと豆カレー?いわゆるダールではなくパキスタンのごちそう的な料理ハリーム(チキンハリーム)が供された。

DSC_4001.jpg

確かにハリームは豆も使用するが、いい意味で予想外であった。たぶん豆カレーを仕込んでおらずハリームしか無かったという事情なのであろう。普通は調理に何時間もかかるハリームをこの価格のセットで供するということは関西では有り得ない(群馬県伊勢崎市とか千葉県野田市あたりではありそう(笑))。

DSC_3992.jpg

キーママタルは肉感充分で、塩味や辛さなどちょうど良い感じで食べやすかった。またハリームもフライドオニオントッピングされ(グリーンチリやレモンの提供は無かったが)高い粘度や滑らかな食感など、充分満足できるものであった。チキンティッカは柔らかく、焼き方も上々であったが、ドリップがかなり出ていたので、供する前に電子レンジで再加熱したものであろう。

DSC_4000_20160727232833bef.jpg

店スタッフのコックと思われる方がフロアにも出てきておられたので上記のことを指摘すると、ニヤッとしながら、この店では本格的なパキスタン料理を供していることやマカズ(ブレイン)マサラやマトンプラオ(ラムライス)、シャミカバブなどのスペシャルな料理も供する用意があるとのこと。また自分は「日本一のビリヤニ」で有名な大阪で大人気の某パキスタン料理店に勤めていたのでビリヤニには自信があるなど、ディナーのメニューブック片手に熱心に話をされた。前に訪問されたN君から聞いていたので、当店コック氏が大阪の某有名パキスタン料理店のアシスタント(大阪の某有名パキスタン料理店のシェフは唯一オーナー一人のみであり、他の雇っている料理人は全てアシスタントという位置づけらしい)であったことは知っていたが、私の記憶に間違いが無ければ、もう一人の身長の高いアシスタントスタッフは、3年ほど前に大阪市西淀川区の大阪モスク近くにオープンしたパキスタン料理店「シタラ」のオープニングスタッフとして働いていた方であろう。またコック氏も短期間ではあるがシタラにいたように思うが・・何れにしてもシタラと同じく当店も大阪の某有名パキスタン料理店オーナー氏が人材を手配しているのであろう。

DSC_4002_20160727232835e72.jpg

総合的な印象として、当地は神戸大学に通うムスリムの留学生など若干ではあるがハラール対応レストランに対する需要があるものの、店を維持するためには、あくまでも一般的な日本人に多く来店していただかないとダメなので、ハラール対応店でありながら酒を扱うこと(これは賛否両論あって、酒を完全否定しているオーナーもいれば、ここは日本だからと現実的に考えているオーナーなどさまざまである。当店は酒を扱っているがこれは当店オーナーの経営判断なので尊重したい。)や日本人にも分かりやすいセットメニューの提供も正しい選択であると思われる。

DSC_4004_20160727233216527.jpg

最後に、当店は少なくともネパール系インド料理店の多い大阪~神戸間にあっては数少ない本格的な「カラチ系」パキスタン料理店であるので、店の維持のためにも近隣の南アジア料理ファンの皆様にはぜひ利用していただきたい。

レッドチリ



関連ランキング:パキスタン料理 | 御影駅(阪神)石屋川駅住吉駅(阪神)



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みつお★

Author:みつお★
自転車(主にロードバイク、時々折りたたみ)のこととエスニック料理(主にインド、パキスタン、ネパール)食べ歩きの記録です。勤務地が兵庫県西宮市なので、平日は西宮界隈、休日は大阪、神戸方面が多いです。時々関東方面もあり。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
NCC (7)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
訪問者数