今年最大の発見!ネパール宮廷料理人が作る高品質ダルバート@Few(兵庫県川西市平野)

以前から気にはなっていたものの、その立地と「普通に北インド料理なのかな?」という勝手な解釈によりなかなか訪問できないでいた川西市平野のFewを初訪問。西宮市戸田町にあるインド・ネパール料理店ナラヤニを訪問した際に店主と最近の業界動向について話をしていた時に当店の話になって、最近シェフが変わってダルバートも供しだしたようだという情報が、やっと訪問する動機づけとなったもの。

店は能勢電鉄平野駅近くの国道173号線沿いにあり、自宅からクルマで行ったものの意外とはやく到着。

DSC_9679.jpg

店の外観は凝った造作でオシャレな印象。

DSC_9637.jpg

店前で地味にアピールされていたが、実は2016年版ミシュランガイド兵庫県版の「ビブグルマン」掲載店でもある。

DSC_9648.jpg

店内は確かに南国リゾート風で居心地が良さそう。

テーブル席が一時的に満席であったので、カーテンで仕切られた半個室風の座敷?席で少し待たせていただいた。

DSC_9650.jpg

ランチタイムのメニューは、ポピュラーな北インド料理であるけれど、ネパールの国民食ダルバートも用意されている。

DSC_9661.jpg

今回は事前にダルバートを予約して訪問させていただいた(仕込み等の状況によってダルバートができない日もあるみたいなので)。

しばらくしてテーブル席が空いたので移動。追加でスープモモ(酸味のあるアチャーリー・スープモモ)もオーダー。

まず先にスープモモが席に運ばれてきた。

DSC_9662.jpg

通常ベジかノンベジを選べるとのことであったけれど、特別に両方とも3個づつにしていただいた。ノンベジはネパール山椒のティンムールが程よく利き、ベジはパニール入りでコクのある食べ応えのあるもので、酸味のあるスープを絡めていただいたが、恐ろしく美味しいモモであった。この時点でダルバートへの期待がかなり高まった(笑)

そしてついにダルバートが席に運ばれてきた。

DSC_9666.jpg

人参プラオを中心に濃厚なダール、リッチなマトンカレーの他、サーグ、キノコのタルカリ、アルゴビ、チキンセクワにムラコアチャールとボリュームたっぷり。なおプラオとダールのお替わりができるとのことであったので、1回おかわりさせていただいた。

DSC_9672.jpg

各料理とも非常に丁寧に調理されていて、味も非常に良かった。

DSC_9674.jpg

食事の後に店主の日本人女性に各料理とも非常に美味しく、シェフの調理技術がかなり高いので驚いたという話をさせていただいところ、以前おられたシェフが体調を崩して帰国し、もう店を閉めようかと思ったが、旧知のネパール人シェフを招聘してなんとか継続できたとのこと。基本的な味は以前のシェフと同様にしているが、新しいシェフの個性(ネパールでは当時の王族が利用する高級レストランでシェフをしていたとのこと)を生かして今年3月からダルバートを始めたとのこと。そして厨房のシェフをよく見ると、なんと数年前に閉店した豊中市のネパール料理店ポカラにおられた凄腕シェフのマジさん(何年か前、確かNHK大阪が製作したネパール料理を紹介する番組に出演して、ダイバートを食べて泣いていた人??)であった!

DSC_9678.jpg

このような良い雰囲気でこれだけの良い料理がいただけるとはまさに驚きで、ミシュランガイドの調査員もそのあたりを高く評価したのだと思う。

北インド系の料理も間違いなく美味しいと思うので、次回はナーン、タンドリーチキンなども試してみたい。

今年最大の発見でした。

テイスト オブ インディア フュウ



関連ランキング:インド料理 | 平野駅多田駅


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みつお★

Author:みつお★
自転車(主にロードバイク、時々折りたたみ)のこととエスニック料理(主にインド、パキスタン、ネパール)食べ歩きの記録です。勤務地が兵庫県西宮市なので、平日は西宮界隈、休日は大阪、神戸方面が多いです。時々関東方面もあり。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
NCC (7)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
訪問者数