謎のキノコ・ジャガイモ・チキンカレー@プルニマ(伊丹市荒牧南)

ランチタイムに伊丹市荒牧南のインネパ店プルニマを初訪問。

当地は昨年、インド系インド料理チェーン店スビ・マハル荒牧店としてオープンしたが、1年経過することなくネパール系インド料理チェーン店に居抜きで売却されたようで、プルニマとして再オープンした。

DSC_9921.jpg

なお同じ幹線沿いに当店の北には地域一番店である実力派ネパール料理店ビ・サパナエック、南にネパール系委託営業店(だと思う)リトルインディアがあるので、普通に考えればこんなところに同業店をオープンすれば3店とも共倒れすることは目に見えている訳で、最近チェーン店系店はこのような一見無謀とも思える出店が多いのだけれど、たぶん我々には分からない何か理由(なんとなく分かっているが)があるのであろうと思われる。

さて店に入ってみると、最近のチェーン店系に多い、極力民族色を排したカジュアルな明るい雰囲気であった。

DSC_9910_20170703212412e15.jpg

ランチタイムのメニュー表を見てみると、例によってチェーン店をはじめ阪神間あちこちのインネパ店で見かける例のデザインのもの。料理のラインナップもテンプレート的なもの。

DSC_9911.jpg

魅力的なセットが無かったので、日替わりカレー一択のAランチ830円をオーダーした。なおセットのドリンクはストロベリーラッシーを。

厨房の様子が見えたので観察していると、チェーン店によくある「経験者が未経験者をOJTにて育成する」のとおりの光景が見えた。そして煮詰まったチキンスープ、インネパ店お約束の赤っぽいドレッシングがかかった千切りキャベツのミニサラダと共にタールに載せられてカレーとナーンが供された。

DSC_9916.jpg

日替わりのカレーはキノコ・ジャガイモ・チキンカレー。これもインネパ店の日替わりカレーは「チキンと何か」であるという法則(笑)通りである。

DSC_9917_2017070321241580a.jpg

供されたカレーの表面は針生姜的な何かウエットスパイスのようであったが、よく見ると「エノキダケ」であった。このパターンは新しい(笑)。なおグレービーはチェーン店てきな香りの無い茹で玉ねぎベースの謎カレー。特にどうこういう感想は無くいつもの「チェーン店的なもの」であった。ナーンもチェーン店では標準的な粉っぽい温かい時だけ美味しい?もの。

DSC_9914.jpg

なおサービスドリンクとして供されたストロベリーラッシーはとても美味しかった。

DSC_9922.jpg

伊丹市荒牧という小さなエリアで、焼き物がとても美味しくて顧客をガッチリ掴んでいる地域一番店とカジュアルで使いやすい地域2番店の間で、当店はどのような強みがあるのだろうか?

インド料理 プルニマ



関連ランキング:インドカレー | 中山寺駅山本駅中山観音駅









関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みつお★

Author:みつお★
自転車(主にロードバイク、時々折りたたみ)のこととエスニック料理(主にインド、パキスタン、ネパール)食べ歩きの記録です。勤務地が兵庫県西宮市なので、平日は西宮界隈、休日は大阪、神戸方面が多いです。時々関東方面もあり。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
NCC (7)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
訪問者数