台北のミャンマー人街でミャンマー式咖喱飯@咖喱屋(新北市中和区華新街)

台湾2日目は、朝食後MRTに乗って新北市中和区にある台湾最大のミャンマー人街へ。政治的な事情で台湾にもミャンマーから移住してきた方々が多いらしい。

南勢角駅を降りて、テキサスインストルメンツの半導体工場を過ぎると、左右の通りにミャンマー料理店、雲南料理店、ミャンマー食材店の他、タイ料理店も数店集積した南洋観光美食街が現れる。

DSC_0277_201710152221390c9.jpg

DSC_0279_20171015222133b3a.jpg

通り全体を観光スポットとして集客しようという行政の考え方は分かるが、実際はほぼミャンマー系オッチャン、オバチャンがミルクティー飲みながらのダベりプレイス化していた(笑)。当然、日本人観光客は見かけず(°Д°)

ミャンマー人街で何かランチを食べようとウロウロ。

DSC_0301.jpg


結局、加哩屋印度香米飯(正式店名はミャンマー語でわからん)という店で、ミャンマーのビリヤニ的なダンバウっぽい香飯にミャンマー的な油っぽいアメーダーヒン(ビーフカリー。じゃがいも入り)をかけたカレーライス(笑)をいただいた。

DSC_0287_20171015222136616.jpg

DSC_0294_20171015222133898.jpg

豆のスープ、キャベツの切ったやつ、ミャンマーフリカケ付で140元(550円くらい)。別途ココナッツジュースもいただいた。

DSC_0297_20171015222135aa8.jpg

DSC_0300_20171015222130b17.jpg

まさか台湾で「カレーライス」を食べるとは思わなかった(笑)

印度咖哩屋
新北市中和區華新街77號




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みつお★

Author:みつお★
自転車(主にロードバイク、時々折りたたみ)のこととエスニック料理(主にインド、パキスタン、ネパール)食べ歩きの記録です。勤務地が兵庫県西宮市なので、平日は西宮界隈、休日は大阪、神戸方面が多いです。時々関東方面もあり。

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
NCC (7)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
訪問者数