海南鶏飯セットと肉骨茶@文慶雞 (台北市忠孝東路三段)

台湾3日目のランチは、太平洋SOGOのあるMRT忠孝復興駅から忠孝東路三段を西に歩いて5分くらいのところにあるシンガポールの人気店、文東記の台北支店である文慶鶏を訪問した。

DSC_0467_20171029154005740.jpg

店は最近改装されたようで、きれい目のファストフード店のような雰囲気。1階に厨房と客席が数席あったが、2階の広いフロアに案内された。一応フルサービスのお店のようであった。

DSC_0463 (1)

メニューブックを見ると当店の名物的な海南鶏飯の他にもいろいろ中国系シンガポール料理がラインナップされていたが、海難鶏飯のセット(240元)と肉骨茶(120元)をオーダー。 メニュー表には日本語表記もあるので分かりやすい。

DSC_0442.jpg

まず漬物など数種類の小皿が席に運ばれ、食べたいものがあれば皿を取るシステム。特にこれといって美味しそうなものはなかったが、キュウリのピリ辛漬け的な小皿(30元くらい?)をいただくことにした。

DSC_0441_20171029153706a5f.jpg

そしてしばらくして海難鶏飯のセットが席に運ばれてきた。

DSC_0449_20171029153711c06.jpg

チキン、チキンスープで炊いたライス(たぶんタイ米)、モヤシの和え物(醤油系のタレがかかっている)、生姜味の下水湯(鶏モツスープ)にタレのチリソースと中国たまり醤油、およびデザートにお汁粉的なものという構成。

シンガポールの本家(数店舗展開している。タイにも支店あり)ではタレがジンジャー、チリソース、中国たまり醤油の3種がついている一般的なシンガポールスタイルのようであるが、台北の当店ではタレはチリソースとダークソイソースの2種だけで、チキンには醤油系タレがかけて供された。また付け合わせにモヤシの和え物がつくなど、どちらかというとマレーシアのスタイル(たとえばイポーチキンみたいな)のような感じ。

DSC_0452_20171029153713809.jpg

DSC_0454_201710291537541ed.jpg

DSC_0459_201710291537567cf.jpg


また肉骨茶もシンガポールに多い薄い色の潮州肉骨茶ではなく、濃い色の醤油系スープで豚のガツ(胃袋)が入ったコッテリした福建肉骨茶であった。

DSC_0457_20171029153755754.jpg


デザートは海南鶏飯のセットについていた「お汁粉」的なもの。

DSC_0460_201710291537570dd.jpg


全体的に見てチキンの蒸し具合など期待していたとおりの味、クオリティであったけれど、当店クラスのお店は日本国内にも多くある訳で・・・

DSC_0469_20171029153917b86.jpg


文慶雞



関連ランキング:シンガポール料理 | 忠孝復興駅周辺



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みつお★

Author:みつお★
自転車(主にロードバイク、時々折りたたみ)のこととエスニック料理(主にインド、パキスタン、ネパール)食べ歩きの記録です。勤務地が兵庫県西宮市なので、平日は西宮界隈、休日は大阪、神戸方面が多いです。時々関東方面もあり。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
NCC (7)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
訪問者数