台電勵進酸菜白肉鍋@年末年始は台湾で⑯

1月1日。

今回の台湾最後の夕食は、古亭駅近くの知る人ぞ知る取材お断りの老舗、台電勵進餐廰で中国東北地方の酸菜白肉鍋を。

もともと台湾電力の社員食堂だったが、あまりにも美味しいので一般開放されたという食べ放題鍋店(400元/1名)である。

DSCN1070.jpg

常に満席との情報があったので、一時間ほど前に現地に着くと、なんとポールポジションだった。

工場のようであるが、奥に入っていくと店舗が現れる。

DSC_2353.jpg

DSC_2354 (1)

DSC_2351_201804281625326a7.jpg

DSC_2356 (1)

受付?のおじさん(ipadを駆使して受付。レジもipadのAirレジを使用していた!)に食べたい肉の種類を伝えて暫く待っていると店内に案内される。

DSC_2359 (1)

テーブルでは既に鍋が煮たっており、後はセルフで酸菜、肉など投入(食べ放題!)してひたすら食べるのみ。

DSC_2372 (1)


DSC_2367.jpg

DSC_2366 (1)

肉、野菜、酸菜などはセルフにて自由に追加できる。タレもセルフで調合。

DSC_2369 (1)


DSC_2374.jpg

DSC_2377 (1)

中国東北地方の酸っぱい白菜の漬物(酸菜)を一緒にに煮込むが、煮込むと酸っぱさが抑えられ、さっぱりした味となるので食が進む。

DSC_2373 (1)


DSC_2384 (1)

DSC_2387_2018042816280609e.jpg

正に人生最高の鍋体験だった(;゜∀゜)

DSC_2386 (1)


台電勵進餐廰

台北市大安區和平東路一段75巷


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みつお★

Author:みつお★
自転車(主にロードバイク、時々折りたたみ)のこととエスニック料理(主にインド、パキスタン、ネパール)食べ歩きの記録です。勤務地が兵庫県西宮市なので、平日は西宮界隈、休日は大阪、神戸方面が多いです。時々関東方面もあり。

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
NCC (7)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
訪問者数