イフタールとチキンジンジャー@大阪ハラールレストラン(大阪市西淀川区大和田)

ラマダンに入って初めて大阪ハラールレストランを訪問した。ラマダン中はランチタイムの営業時間を変更するかもしれないと事前に店主から聞いていたため、夜に伺った。
 
自分はイスラム教徒ではないけれど、こちらのお店のようにマスジドのスケジュールにぴったり合わせた様なお店は異教徒にとってはとても気を使う。そんな訳でほぼ日没と思われる午後7時少し前に店に入った。
 
店主によるとこの日の日没は午後7時15分。当然いつも店でダベっているパキスタン人の方々はおられず、日没を前にイフタール(アフタール:日没後の食事)の準備を始めようとしているところであった。それはそれとして、いつものように日本人向けメニューは見ずに今日のお勧めを聞いてみたところ、チキンジンジャーができるとのこと。だいたい味の想像はついたけれど、食べたことがなかったのでチキンジンジャーをお願いした。今回もナーンではなく賄い用のローティーをお願いした。すると店主が気を利かせてくれたのかイフタールのおすそ分けをしてくれた。甘いローズミルクとフルーツ類である。
 

 
ラマダンの時期、夜は豪華な食事をすると聞いていたが、店主によると急に肉類とかヘビーな食事をとると体がおかしくなるので、果物など軽い食事をするとのことであった。時を同じくしてオーダーしたチキンジンジャーも席に運ばれてきた。日の暮れた時間を見計らって、シェフ・カンバル氏と店主はテーブルにてお祈りを始めた。しばらくしてお祈りが終わった後、マスジド関係者の方々も来店され、軽い食事をされていた。なおマスジド内ではボランティアによるイフタールの食事会が開かれているとのことで、その後遅い時間に食事に来店される方がおられるとのこと。
 

 
 
なおこのチキンジンジャー、正しく「生姜焼き」と同じ味で、ご飯と一緒に食べてもいいような美味しさであった。
 

 
なおサラダも酸味が利いたスペシャルバージョンであった。サウザンアイランドドレッシングがかかったキャベツサラダより断然に良いと思う。
 
なおここ数日の店の状況を聞いてみると、人繰りの面でまた少し厳しくなったということの他、ラマダン中のイフタールのため、大阪のサウジアラビア関連団体?施設?からビリヤニのオーダーが入ったとのこと。最近結構このようなまとまったオーダーが入るようで、昼間も忙しいことが多いとのことであった。マスジド関連のテイクアウトも結構あるようで、なにはともあれ店が少しずつでも認知されてきたということは間違いなく、良い方向に向かっていると感じた。
 
ついでに第3回食事会の件も少し相談したが、ラマダン明けの8月に開催するつもりで準備することになった。また夏場は関東・中京方面からのマニアの方々の来阪も多くあるので、それに合わせて開催してもいいかなとも思う。
 
 
大阪ハラールレストラン
大阪市西淀川区大和田4-13-2
 
 
 
 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みつお★

Author:みつお★
自転車(主にロードバイク、時々折りたたみ)のこととエスニック料理(主にインド、パキスタン、ネパール)食べ歩きの記録です。勤務地が兵庫県西宮市なので、平日は西宮界隈、休日は大阪、神戸方面が多いです。時々関東方面もあり。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
NCC (7)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
訪問者数