ベジが美味しい!パキスタン料理ナーンイン(神戸市中央区山本通)でベジディナーターリ

少し前になるのですが、神戸モスク近くのパキスタン料理店ナーンインにてスパイス料理好きによるオフ会を開催したのですが、都合により参加できなかったマニアの方からのリクエストにより、ディナータイムに再訪問しました。
 
パキスタン料理はタンドールを駆使した肉料理が美味しいのですが、今回同行されたマニアの方はベジタリアンだったので、通常メニューの中から「ベジタリアン・ターリー」をオーダーしました。これは野菜のカレー3種とパコラ、サモサ、サラダ、ナン、パパド、ライス(今回はプラオを出してくれた)、チャイという内容で1890円。野菜のカレーは、パラクパニール、チャナマサラ、ミックスベジマサラでした。カレーはベジ3種だけなので、もし物足りなければマトンマサラを追加オーダーしようと思っていました。
 
こちらのお店のベジカレーは、巷のインド・ネパール料理店でよく見るようなトマト・玉ねぎベースのグレービーに適当な野菜が入っているようなマイルドでイージーなものではなく、スパイスや香草をふんだんに使用したパンチ力の強いものであることは、オフ会でいただき理解していました。
 
 

 
スターターとして山盛りのサラダとサモサ、パコラ。
 
 
 

 
カレー3種。2人前です。スパイスビシバシ感が写真を見ただけで分かる。
 
 

 
金曜日のハラールバイキングでは丸型のナンが供されるのですが、ディナーでは涙型です。でも形が違うだけで、ギーを塗ってないことや薄型でクリスピー、冷えても美味しいという特徴は変わりません。ナンは関西でも1、2を争う美味しさだと思います。
 
 

 
オフ会の時も感じたのですが、このパラクパニールが凄い。
ほうれん草をペーストにせず、みじん切りにして使用しています。ペーストを使うタイプよりこの方が断然美味しい。ペースト状にすると見た目はいいのだけれど、ほうれん草の一種青っぽい美味しさが消えてしまうように思う(ペースト状でも美味しい店もありますが)。特にエコノミーな店だと妙に鮮やかな緑色のカレーを出すところがある(さらにクリームで「ぐるぐる」模様を描いていたら最悪)が、そんなカレーとは次元が違う。このお店のシェフ(アリさん)の高い力量が分かる一品である。
 
他のチャナマサラもコリアンダーリーフの香りが利いていてベストな仕上がり。ミックスベジマサラもドライタイプで同様の完成度であった。なのでマトンマサラを追加オーダーするまでも無く満足したのでした。
 
 

 
サービスでいただいたセミヤパヤサム。今回は暖かかったです。それほど甘くなかった。
 
 

 
 
同行者も大満足。
最後に濃厚なチャイをいただきました。
 
今回も日本人客は私たちだけ。チャイだけ飲みに来るなど喫茶店使いしている方もおられた。
 
パキスタンのカレーは肉に限るという認識が覆されるようなベジディナーターリーでした。
 
 
 
 
パキスタン料理 ナーン イン
 
神戸市中央区山本通3-1-2 谷口ビル 1F
 
 
 
 
 
 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みつお★

Author:みつお★
自転車(主にロードバイク、時々折りたたみ)のこととエスニック料理(主にインド、パキスタン、ネパール)食べ歩きの記録です。勤務地が兵庫県西宮市なので、平日は西宮界隈、休日は大阪、神戸方面が多いです。時々関東方面もあり。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
NCC (7)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
訪問者数