シンガポール料理 梁亜楼(大阪市 裏なんば)で海南チキンライス

私はアジア3大チキンライス(シンガポールの海南鶏飯、タイのカオマンガイ、ベトナムのコムガー)の中で、海南鶏飯(海南チキンライス)が一番好きなのだけれど、関西ではこれを食べられる店が極端に少なく、私が知る限り大阪に数店舗あるだけである。そんな数少ない店の一つである、大阪ナンバのシンガポール料理店「宏亜楼」が今年6月に閉店し、そのコックさんが独立し開業された店が「梁亜楼」(りゃんあろう)である。
9月にオープンし、すぐ訪問したかったけれどなかなか機会が無く、この度やっと訪問することができました。
 
店の立地は道具屋筋にもほど近い「裏なんば」といわれる今話題のエリアでビルの2階。
ランチタイムに訪問し、さっそく「海南チキンンライスセット」(1080円)をオーダーした。
 

 
 
つけ合わせも含めて、こちらのお店は中華っぽいスタイルです。
チリソース、中国醤油、生姜タレでいただくのが一般的だと思うのですが、こちらでは醤油ダレが最初からチキンにかけられています。
 
 

 
 
チキンがツルツルで「ぷりんっ」と弾力があり素晴らしい処理をしておられます。
またチキンスープで炊き込んだライスもたぶんタイ米を使用していると思うのですが(日本米?)モチっとした炊き加減で、ライスだけでいただいても美味しかった。
 
 
 
 

 
 
他にもラクサやプロウンミー、コノーミー、チキンカレーもあるので、機会があればまた訪問していろいろ食べてみたいです。
わざわざ遠くから足を運んで訪問する価値のあるお店であると思う。
 
 

 
 

 
 
 
 

 
 
梁亜楼 (リャンアロウ)
 
大阪市中央区難波千日前13-6 大一ビル2F
 
 
 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みつお★

Author:みつお★
自転車(主にロードバイク、時々折りたたみ)のこととエスニック料理(主にインド、パキスタン、ネパール)食べ歩きの記録です。勤務地が兵庫県西宮市なので、平日は西宮界隈、休日は大阪、神戸方面が多いです。時々関東方面もあり。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
NCC (7)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
訪問者数