南インド料理ペートピート(伊丹市西台)でティファンのランチ

知人のアジア料理店経営者やその店に来るマニアなお客さん、はたまたインド料理店を経営するインド人等と南インド料理の話をするとき、必ずこちらのお店のことを聞かれるのですが、そういえは地元でありながらここ1年以上未訪問であったことを思い出し、ランチタイムに訪問しました。未訪問の間にいろいろ変ってるかもしれないので、どのような変化があるのか確認するという目的もありました。
 
数年前にこちらのお店がオープンした時から4回ほど訪問しているのですが、カフェのような店内の雰囲気と奇妙で食べ難い食器のため、南インド料理好きの私ではあるけれど、あえて積極的に訪問することはありませんでした。
 

 

 
 

 
 
ネットでの情報によると、一時期ランチタイムはバイキングとなっていたらしいのですが、現在は実施していないようです。以前訪問した時と同じような数種類のランチセットとなっています。
ノンべジのミールス、ベジのミールス、ビリヤニ、ドーサとウタパンがいただけるティファンのセットなどがありました。

一時期、ランチセットのドリンクを別として、少し価格帯を下げていたようですが、ドリンク付きに戻して価格もほぼ元に戻っています。
こちらのミールスは、ミールスといっても私たちが良く知るミールスのような形態と違い、南インド系のカレーやポリヤルなんかセットされているカレーセットようなものなので、ティファンのセットをいただくこととしました。

こちらのミールスセットは相変わらず変った形の陶器の食器類でサーブされるため非常に食べ難いということもあり、改善してほしいのだけれど、ずっとこのスタイルを変えないということは、本来のインド料理の食べ方(特に南インド)や作法などに関して、特に日本人に対して伝えようという意思は無いのかなあと思う。相変わらずチャパティ、プーり、そして本来北インド料理である「ナン」を選択できるということからもうかがえます。
 



オーダーしたティファンのセットですが、以前はイドゥリーもついていてある程度満足度が高かったことを記憶していますが、いつのまにかマサラドーサとウタパンだけになってしまっている(ウタパンは以前より少し大きなサイズとなっているが)のが残念です。
付け合わせの2種類チャトニはフレッシュで美味しかった。サンバルも少し濃厚な洗礼されたタイプで、クオリティレベルが高いと思います。
サンバルを掛けたりチャトニをつけたりして、手でぐちゃぐちゃとっしてしていただいたが、なかなか美味しかったです。


なおナイフ、フォーク、スプーンが付いてきたので、何も知らないお客さんは、もしかしたらウタパンをパンケーキのようにナイフで切って、フォークで突き刺してサンバルに付けて食べてるのかもしれないですね(笑)。ドーサもナイフで切って、食べてるのかな?

今回訪問してみて、相変わらず「店のコンセプトに疑問」という部分に変化は無かったです。
料理は美味しいのにもったいないなあ。
 
 

南インド料理 ペートピート
伊丹市西台1-6-6-201 フォレスト伊丹2F
 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みつお★

Author:みつお★
自転車(主にロードバイク、時々折りたたみ)のこととエスニック料理(主にインド、パキスタン、ネパール)食べ歩きの記録です。勤務地が兵庫県西宮市なので、平日は西宮界隈、休日は大阪、神戸方面が多いです。時々関東方面もあり。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
NCC (7)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
訪問者数