自称日本初「ネパール家庭料理と炭火焼の店カルパナ」の目指すものとは。

オープニングレセプションというか、新店のお披露目ということで、サガルマータの常連を中心にしてお声がけいただき、幸運にも参加させていただくことができました。
サガルマータのオープン以来、店主に対してネパール料理にもっとウエートを置いた方が他店との差別化と言う意味で有効である(阪神間は口の肥えた人が多いから、安易にナンとチキンカレーとタンドリーチキンだけやってても駄目よと言い続けた)と、常々話していたこともあり?このお店では本格的にネパールの家庭料理を提供していくとのこと。
 

 
結局なぜ多くのインド・ネパール料理店ではコックさんがネパール人なのにほとんどインド料理しか無いのかというと、実はネパール人のコックさんはネパールの家庭料理を作れないという事実が原因である。
そもそも家庭料理というのは、お母さんが家庭で作っている料理であり、お母さんしか作れないのである。
そこに気づいたサントス氏は家庭料理を作ることができる女性のコックをスカウトしなきゃという結論に達し、実際、昨年ネパールに帰国した際に探したようである。
今回の出店については、急に決まったために、当面1名男性コックを新たに雇って、サガルマータのコックさんと合わせて両店の料理を担当させるようである。
夜メニューはまだ決まっていないということであったが、とりあえず現在検討中の料理をいく品かいただいた。
 

 
まずアペタイザー的にネパールの軽食セット。
中央に無漂白のチウラ(押し米)、まわりにバトマスサンデコ、チキンチョエラ、モモ、ゴルベラチャトニ、アチャール。
これはお酒のアテにいいですねえ。東京上池袋にあるネパール居酒屋「味家」や新大久保momoにこんなメニューがありました。私が味家に訪問した際の写真をサントス氏に見せたことがあり、Barをやるときには絶対このメニューをやろうと思っていたようです。サントスさんによると実際に味家のチャカさんに電話して、いろいろ聞いてみたそうです(ネパール語がよく通じなかったらしい。チャカさんのネイティブ言語って何?)。
 

 
タンドリー手羽先。本当はこの右にタンドリーチキンがあったけど撮影を忘れて食べてしまった。
外はパリッと中はジューシーという焼き具合。上手に焼けてます。
 

 
ビールがどんどん進みます。
 

 
最後に〆のカレー&ナン。
お昼にいただいたものと同じでした(笑)。
 

 
 
当面お昼だけ営業して、ある程度オペレーションがこなれて、メニューも決まってきたら、夜も営業を始めるそうです。
 
 
メニューについては、店名に家庭料理を標榜するだけに、本当に家庭料理やネパールのスナックをやっていただくよう要望しました。
 
お酒に合うメニューはインド家庭料理より豊富なので、そういう意味で日本初といっていい「ネパールバル」というコンセプトは当たりそうな予感がします。
 
ウォーやバラなんかもお酒に合うと思います。これは東心斎橋のネパヤで実証済です。
 
グランドオープンが本当に楽しみです。
(なにせ職場から徒歩1分ですので)
 
追伸
もしかしたらカフェタイムも営業するかもしれませんとのこと。大丈夫ですか??
 
 
 
ネパール家庭料理と炭火焼の店KALPANA(カルパナ)
兵庫県西宮市櫨塚町3-27西宮センタービル1階
 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みつお★

Author:みつお★
自転車(主にロードバイク、時々折りたたみ)のこととエスニック料理(主にインド、パキスタン、ネパール)食べ歩きの記録です。勤務地が兵庫県西宮市なので、平日は西宮界隈、休日は大阪、神戸方面が多いです。時々関東方面もあり。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
NCC (7)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
訪問者数