ネパール居酒屋 味家(東京都豊島区上池袋)女店主の心意気。これが本当のネパール料理

 
しばらく東京遠征シリーズが続きます。
 
さて最近はネパール人の飲食店経営者と話をする機会が多いのであるが、彼らが日本において飲食店を出店するにあたっては、ほとんどが「インド・ネパール料理店(あるいはインド料理店)」という形態であり、実際メニュー構成はほとんど北インド料理にルーツを持つものを出す店がほとんどである(ネパール料理店として出店している場合でも!)。

モモやアルコアチャールなど代表的な数種類はラインナップしているけれど、メインのメニュー(というか利益をとれるもの)はあくまでも北インド系チキンカレー、ナン、タンドリーチキンなどインド料理である。彼らは一様に「ネパール料理だけでは商売にならない」という。彼らはネパール料理を日本に伝えるために来ているのではなく商売をしに日本に来ているのであって、儲けるためには当然のことである(このことをインド人に話すと嫌な顔をする)。最近はこんな感じのインド・ネパール料理店がかなり増殖しており、数年前の3倍以上増えているのではないかと思う(詳しく聞いてみると血縁関係があることが多い。(来日して店に勤める→独立→親族を呼ぶ→親族が独立→ループ!)。

それで本当の
ネパール料理はどういうものか?ネットで調べたり、店のネパール人に聞いたりしたところ、野菜中心で結構シンプルなものが多いということが分かった。興味を持った料理を知人のインド・ネパール料理店店主(ネパール人)に作ってほしいとお願いしたところ、「日本人の口に合わない」「材料がない」「ネパール料理に使う独特なスパイスが無い」などという理由で作っていただけませんでした。でもいつかはディロ(ディード)やタルカリ(野菜料理)など食べてみたいと思っていた。インド・ネパール料理店で「ダルバート(ネパールの定食。豆のカレーとライスに野菜のオカズがついている)」を注文することが多かったが、どうも何か違うという印象が強かった

その後も本当のネパール料理を提供する店はないか調べていたところ、東京の池袋にオープンした「味家」というネパール居酒屋?でディロを提供していることが分かった。その後口コミなどをフォローしていると、かなりマニアックな料理を出しており、その料理を絶賛する口コミがほとんどであった。しかもなんと女性店主一人で切り盛りしているらしいということが分かった。
 
本題に入るが、やっと東京に行くことになり、その際、夜に訪問することとした。18時オープンとのこと。場所は地図で調べてもいまひとつ良く分からない。初めての場所であり池袋駅からどうやって行けばよいのか、全然分からない。しかし、ここで先月から携帯をスマートフォンに変えたことが役に立った。スマホにナビゲーションのアプリをダウンロードしていたのであった。これを使うと意外と簡単に場所が分かった。
 



店に18時15分頃到着。店に入ったところ女性店主一人。私が今日の夜初めての客らしい。店は元ラーメン屋であったらしく居ぬきで入って、色を塗り替えるなどしたらしい(テーマカラーは黄色のようだ)。
 

 
早速メニューを見て「ディードセット」を注文。これはディロ(あとで店主に聞いたところ、文字ではディードと書くがみんなディロと言っているらしい)と肉のカレー(普段はマトンであるが、この日はマトンが品切れで骨付きチキンであった)とタルカリ、アチャール、グンドルック(乾燥野菜を使った豆のスープ状の料理)がセットされている。居酒屋であるので、当然酒も注文。普段はビールであるが、せっかくなのでネパールのローカル酒「チャン」にした(味は韓国のマッコリそっくり)。突き出し(お通し)に豆(ブラックチャナ?)とのカレー炒めのようなものもついてきた
 




料理は、女性店主が注文を聞いてから手作りする。注文してから料理が出てくるまで結構時間がかかった。こんなんでは客の回転が悪くなるんじゃないのと思って店主に聞いてみたところ、そんなにお客さんで混む事はないので大丈夫とのこと。妙に納得。
 


肝心の味はやはりインド料理とはスパイス使いなどが違う。素朴な味であるがなんとも体にしみる良い感じがあった。期待していたディロは何か餅のような感じ。ディロそのものの味は無い。日本食でいうと蕎麦掻に似ている。食べ方を店主に聞いてみるとカレーなどをつけて食べるように言われた。
 

 
骨付きのチキンカレー。スパイス使いはインド料理と違うので、風味がまるっきり違う。それとチキンカレーは骨付きに限るとのこと。骨なしでは味にコクがでないとのこと。
 

 
今回グンドルックも初めて食べた。これは乾燥野菜(高菜を使用)と豆が入ったスープ状のもの。素朴な味わいで大変気に入った。この料理が食べられるネパール料理店は初めてだ。また関西のインド・ネパール料理店でターリを注文するとセットされていることが多い、小さいカトリに入った野菜等のカレーの原点はこれであると確信した。

ここで店主に本当のネパール料理が食べたいから関西から来たことを伝えると、初めはたいそう驚いていたが、はじめに書いた日本におけるネパール料理店の現状や料理の作り方のことなど聞いたり、片言のネパール語を話したりすると、だんだん打ち解けていき、いろんな有意義な話が聞けた。
 



間違いなくお勧めする。本当のネパール料理が食べたいなら、ぜひ訪問してほしい。そしてネパール料理のことが知りたいなら、恥ずかしがらず積極的にいろいろ聞いてみよう。店主
もお客さんとネパール料理について話をすることが大好きのようだ。
 


最後に店を出る前に「ウチに来るお客さんは、片言のネパール語で話しかけてくる人が多くてかわいい」と茶目っ気ある笑顔で話していたことが印象に残る。またの再開を約束して店を後にしたのでした。
チャカさん  フェリ・ベェトンラ!
 
 
 
ネパール居酒屋 味家
東京都豊島区上池袋1-9-5
 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みつお★

Author:みつお★
自転車(主にロードバイク、時々折りたたみ)のこととエスニック料理(主にインド、パキスタン、ネパール)食べ歩きの記録です。勤務地が兵庫県西宮市なので、平日は西宮界隈、休日は大阪、神戸方面が多いです。時々関東方面もあり。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
NCC (7)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
訪問者数