さすが老舗の味。ケララ(京都市中京区河原町三条上ル)でケララランチ。

京都遠征シリーズ。
 
ラトナカフェの時にも書きましたが、今まで京都でランチを食べるときは基本的に「アジャンタ」(寺町高倉)でしたが、今回は前から気になっていた「ケララ」(河原町三条)に伺いました(なぜインド料理以外の選択肢が無い?)。
 

 
ケララといえば京都でも老舗の部類に入るインド料理店です。店名の通り「南インド」系のカレーが売り物のようですが、メニューを見る限り、北インド系のものが多いです。
 
ランチは3種類ほどあるのですが、比較するとボトムの「ケララランチ」850円が一番CPが高そうだったので、ケララランチを注文しました。他のお客さんも皆さんケララランチを注文していたので、多分コレが一番良い選択なのでしょう。
 
注文時にチャイにするかスープにするか聞かれますが、以前からこちらのスープは美味しいと聞いていたので、迷わずスープを選択しました。他のお客さんもほぼスープでしたね。
 

 
これはさすがに素晴らしい。
濃厚なトマトスープです。イタリア料理店でもこんな美味しいスープはなかなかありません。
 

 
スープを飲み干した頃、ターリ登場。
上にナンが乗っているため、各料理が見にくいのですが、カレー2種(チキン・ベジタブル)、ナン、チキンの焼き物、ライス(ジーラライス?)、パパド、玉ねぎ主体のサラダという構成。
 

 
ベジカレーはココナツミルク主体でマスタードシードが入ったグレービーで冬瓜などを煮込んだ南インドレシピのもの。チキンカレーもシメジ入りで油も控えめという南っぽい味。かなり美味しいです。
このようなカレーなら、ライスだけでナンはいらないと思うのだが、お客さんがナンを望むのでしょう。これは仕方ないと思います。
ナンはチキンカレーをつけていただいて、ベジはライスに混ぜ込んでいただきました。
パパドはクラッシュしてライスに掛けています。
 

 
チキンも普通のチキンティッカではなく、薄切りしたチキン(多分胸肉)でハリチャトニみたいなモノを巻いて焼いてあるという一手間かけたもの。こんなところにシェフのこだわりと高い力量が伺われます。
 
さすがに老舗だけのことはある素晴らしいランチでした。これで850円は破格だと思います。
 
関西ではまだ南インド料理といっても一般人にはポピュラーではないので、南北折衷みたいになるのは仕方ないのですが、できればこちらで本格的な「ケララミールス」みたいな南インド系料理をいただいてみたいです。
 


 
 
インド料理 ケララ
 京都府京都市中京区河原町三条上ル KUSビル2F
 
 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みつお★

Author:みつお★
自転車(主にロードバイク、時々折りたたみ)のこととエスニック料理(主にインド、パキスタン、ネパール)食べ歩きの記録です。勤務地が兵庫県西宮市なので、平日は西宮界隈、休日は大阪、神戸方面が多いです。時々関東方面もあり。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
NCC (7)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
訪問者数