ヒマールチュリ天満店(大阪市北区天神橋)でネパールカレー

7月25日(日)大阪の夏の風物詩、天神祭に行ってきました。
 
ちょうどお昼頃に天神橋筋商店街に到着したのですが、ものすごい人の波です。
 

 
 
それで昼食は,商店街に近いタイ料理店という選択もあったのですが、悩んだ末、JR天満駅に近いネパール料理店ヒマールチュリに初めて行ってみました。
京阪神とも本当にネパールカレー(というかネパール人)の店を多く見かけるようになりました。
特にここ数年増えましたね。
 
ただし「ネパール料理」をメインにしている店はほぼありません。
基本的に北インド料理がメインです。
(チキンカレー、ナン、タンドリーチキンとか)
マイナーなネパール料理がメインでは、日本においてほとんど商売になりません。
地理的にも料理の傾向も近いメジャーな北インド料理をメインにしないと商売成立しません。ですから「インド・ネパール料理」と表記するネパール人経営の店が多いのです。
(ネパール人経営の店では「巨大なナン」を売り物にしていることが多いように感じるのですが、これは関西だけの傾向でしょうか?もしかしたら関西老舗ネパール料理店「ネパールキッチン・カトマンドウ(京橋・蛍池、他)」の影響???)
残念ながら一般人(という書き方も変ですが)でその辺のことを分かっている方はほとんどいません。
 
 

 
 
こちらのお店もランチは基本的には北インド料理(パンジャビ亜流)です。
ランチは数種類あるようです。
焼き物のレベルを知りたかったのでチキンティッカがついているCセットを注文しました。
 

 
まずサラダとアチャールがテーブル上へ。
 
しばらくすると料理が運ばれてきました。
天神祭でお客さんが多かったため、少し時間がかかったようです。
 

 
ナンはクリスピーなタイプ。
カレーはマトンと日替わりの「里芋と豆」をいただきました。
アチャールも少しいただきました。
 

 
アチャールは取り放題です。
すごく辛いのでそんなに多くは食べられません。
 

 
マトンカレーは揚げ玉ねぎとかヨーグルトとかを使うレシピのもの。
代表的な北インドレシピです。
薄切りマトンを使っており食べやすかったです(薄切りマトン肉を使うマトンカレーは珍しい)。
里芋と豆のカレーはネパール・カレーらしいドロッとしたタイプで、油ひかえ目な感じ。
まずます美味しかったです。
 
こちらの店の方はネパール人といってもモンゴロイド系の方ばかり見かけました。なので、見た目が日本人にそっくりな方が多かったです。
 
ヒマール チュリ 天満店
大阪市北区天神橋4-6-32
 
 
 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みつお★

Author:みつお★
自転車(主にロードバイク、時々折りたたみ)のこととエスニック料理(主にインド、パキスタン、ネパール)食べ歩きの記録です。勤務地が兵庫県西宮市なので、平日は西宮界隈、休日は大阪、神戸方面が多いです。時々関東方面もあり。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
NCC (7)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
訪問者数