ナーン・イン(神戸市中央区山本通)


 
インド系料理の場合、東西南北の地域差もあるが、宗教間の差がかなりある。
こちらは「パキスタン料理」の店である。つまり「イスラム系」なのである。
インドのノンベジ料理の代表である「パンジャブ料理」(タンドリーチキンとかナンとか)に似ているが、スパイスの使い方などに違いがある。
金曜日のお昼は近隣の神戸モスクで行われている金曜日の礼拝にあわせてムスリム向けにバイキング形式で食事を提供している。つまり「本気モード」のイスラム系カレーが食べられるわけである。
コックさんがナンを焼いているところが見えるようになっているが、他のインド人やネパール人のコックが日本人向けに焼いているやり方とぜんぜん違う。タンドールの横の平らなところにナンのタネを押さえつけて丸く伸ばしてタンドールに貼り付けている。
日本のインド料理店などでよくやってるパフォーマンスっぽい、手でパンパンと伸ばして涙形に伸ばすことなどしないのである。
普通焼きたてのナンは美味しいが、冷たくなると食べられないくらい不味くなる。
しかしこちらのナンは冷たくなっていても美味しいのである!
 
 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みつお★

Author:みつお★
自転車(主にロードバイク、時々折りたたみ)のこととエスニック料理(主にインド、パキスタン、ネパール)食べ歩きの記録です。勤務地が兵庫県西宮市なので、平日は西宮界隈、休日は大阪、神戸方面が多いです。時々関東方面もあり。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
NCC (7)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
訪問者数